ブログ記事

イグニッションコイルを固定するボルト(BMW E46)

イグニッションコイルを固定するボルト(BMW E46)

久しぶりにイグニッションコイルのインピーダンス計測を行いました。現在装備しているイグニッションコイルは約4年前に交換しました。

関連記事:

転ばぬ先の杖!BMW E46イグニッションコイルの交換

ここ最近はコロナの影響もあって、昔程走行距離が伸びておりませんが、私のE46は時々しか動かさない車ではなく足車兼なので先日のオルタネーター交換等、経年劣化で要となる部分は故障前に交換、または自分の範囲でできる定期的な点検を行うようにしています。

関連記事:

オルタネーター交換(BMW E46 )

取り外したE46のイグニッションコイル

いきなりですが、6気筒分のイグニッションコイルを取り外しました。各コイル本体とエクステンションのインピーダンスをデジタルテスターで計測します。

イグニッションコイルのインピーダンス計測

コイルのインピーダンスはすべて0.6Ω、

BMW E46のイグニッションコイルエクステンションのインピーダンス計測

コイルのエクステンション部分は2.03kΩでほぼすべて誤差なしです。もう一桁細かく表示出来るデジタルテスターを持っているのでそっちを使った方がよかったかな?どちらにしても6個のコイル、6本のエクステンション、すべて大きな電気的なインピーダンスの差はみられないので問題無しでした。

イグニッションコイル&エクステンションは問題無しだったのですが、関連する異なるところで問題発見。

BMW E46のイグニッションコイルを固定しているボルト

イグニッションコイルは2本のボルトで固定されているのですが、6気筒分12本のうち1本だけ長さが違うネジで固定されていました。(苦笑)
自分でイグニッションコイルを脱着した際に紛失したというような事は過去にないので、間違いなくどこかのショップの仕業ですね。紛失したのは仕方ないとしても同じネジがなければ、最低でも同じ長さのネジで固定してほしいものです。(客に黙ったまま適当なのつけておけば良いという考えがもっともよくないですね。犯人の検討はついてますけど口外しません。)イグニッションコイルを固定するネジはワッシャーが取れないタイプのネジですが、取り付けられていたボルトはワッシャーが外れてしまい、おまけにワッシャーの厚みが半分もありませんでした。

この部分のボルトはそんなに長さを重視するような場所じゃないようにも感じられますが、実はE46の6気筒というかM52TUB、またはM54Bエンジンの場合、この部分のネジは結構クリティカルな部分だったりします。その証拠にベントレーのマニュアルにはイグニッションコイルを固定するネジの締め付けトルクが右と左で異なることが記載されています。

ベントレーのE46マニュアルに記載されているイグニッションコイルの締め付けトルク

イグニッションコイルのコネクターは3ピンで左がターミナル1、右がターミナル15となります。コイルの固定は左上が3.0Nm、右下が4.5Nmとなります。

何故ここの締め付けトルクが重要か?っというとM52TUB、M54Bエンジンのタペットカバーは樹脂製のためクラックが入ることがあります。実際のこちらの記事にクラックが入ったタペットカバーを掲載してあります。

関連記事:

BMW E46 エンジンヘッドカバー(タペットカバー)交換

そのためタペットカバーを貫通させて固定するイグニッションコイルの締め付けトルクは実は重要だったります。締め付けミスでタペットカバーが微妙にねじれて長期にわたって熱が入りタペットカバーのクラックに繋がったりします。特に私のような過給機をつけているエンジンの場合タペットカバー内の圧力はノーマルの比ではありませんので、この辺はかなり気を使う必要があります。

ネジの入手ですがパーツ番号を調べてネットで探したらモノタロウにあったのですが業者のみ販売(のちに個人でも購入できるとTwitterユーザー様から教えて頂きました!)だったので、毎度の山下オートパーツさんに連絡したらBMW Japanに在庫ありという事で、電車に乗って取りに行ってきました。(しかし私はどうもモノタロウと相性が悪いらしいw)

山下オートパーツ
山下オートパーツさんはBMW Japanに在庫があれば翌日には店舗に届くので、純正パーツでどうしても欲しいパーツがある場合は山下オートパーツさんに問い合わせております。もちろん個人対応OKなのでBMWの純正パーツで何か必要な物がある場合は問い合わせています。

山下オートパーツさんで入手したイグニッションコイルの固定ボルト


今回は1個分のイグニッションコイルのネジ2本x140円でしたが、嫌な顔一つせずに対応して頂けました。(おまけに値引までして頂き、毎度、ありがとうございます!)
ほとんどの場合パーツ番号を自分で調べて山下オートパーツさんに問い合わせする事が多いのですが、パーツ番号がわからなければ調べて頂けます。これまで何度か助けて頂いております。

イグニッションコイルの比較


自宅に戻り早速イグニッションコイルのボルトを交換。色のボルトが計11本、が適当に付けられていたボルト、が今回山下オートパーツさんで購入したボルトです。

デジタルトルクレンチで正確に締め付き


先日入手したデジタルトルクレンチを使用して正確締め付けました。3Nmから締め付けができ、デジタルなのはやっぱり便利ですね。


今回、イグニッションコイルのインピーダンス計測をおこなったらイグニッションコイル、エクステンションにはバラつきはありませんでしたが、イグニッションコイルを固定しているネジにバラつきがあったという落ちでした。(笑)

以上、「イグニッションコイルを固定するボルト(BMW E46)」でした。

 

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

新着コメント

Re:PETRONAS エンジンクリーニング
2022/09/30 from 承認待ち
Re:PETRONAS エンジンクリーニング
2022/09/29 from 承認待ち
Re:PETRONAS エンジンクリーニング
2022/09/28 from 承認待ち
Re:PETRONAS エンジンクリーニング
2022/09/28 from 承認待ち
Re:PETRONAS エンジンクリーニング
2022/09/27 from 承認待ち

過去ログ

Feed