エントリー

BMW E46 ライトコントロールモジュール(LCM)のバージョンについて調べてみた

BMW E46 ライトコントロールモジュール(LCM)のバージョンについて調べてみた

自分の車は99年式でBMW E46クーペが日本に初上陸したときに購入したのでライトコントロールモジュール(LCM)のバージョンが古く1.3でした。

自分の車のLCMバージョン1.3

関連記事:

ライトコントロールモジュール LMC 交換その1(BMW E46 )

 

このブログでウィンカーのLED化やリアテールライトを玉切れ警告灯のキャンセラー無しで使用するためLCMの交換、コーディングなどについて何度かご紹介してきましたが、実際にE46のライトスイッチモジュールのバージョンはいくつあるのか?調べてみることにしました。

BMW E46 LCM Version1.1A

BMW E46 LCM Version1.3

BMW E46 LCM Version2.0
BMW E46 LCM Version3.0

BMW E46 LCM Version3.01

BMW E46 LCM Version3.11

BMW E46 LCM Version3.56

BMW E46 LCM Version3.6

BMW E46 LCM Version4.5

 

ヤフオクで販売されていたり、ネットで拾った画像のキャプチャですが、LCMのバージョンは

1.1A
1.3
2.0
3.0
3.01
3.11
3.56
3.6
4.5

が存在するようです。

他にももちろんあるかと思いますが、見つけられたのは上記の9バージョンでした。

(他のバージョンお持ちの方が折れましたら、バージョン部分を撮影の上Twitter経由でご連絡頂けると幸いです。)

バージョン4.5が最新(最後)らしのですが、時々ヤフオクなどを見ている限りでは、4.x台が中古で販売されている姿は見たことがありません。

2015年式の318ciでも3.6だったので2015年以降のE46車両に装備されていたのではないかと思います。

LEDのテールライトに対応したのは、3.xx以降との事。

自分も3.11を使用しており、詳細に関しはこちらをご覧ください。

ちなみにライトのスイッチ部分ですが、LCM本体とスイッチ部分は取外しが可能で、ライトのスイッチはこれまでの物を使用してLCM本体のみのバージョンを上げることが可能です。

中古品を入手してDIYコーディングする場合はスイッチの形状(フォグランプ等)や汚れは特に気にしなくても、手持ちの物と交換してLCMをコーディングすれば使用することが出来ます。

 

以上、「BMW E46 ライトコントロールモジュール(LCM)のバージョンについて調べてみた」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加