エントリー

BMW E46 アンサーバックのコーディング

BMW E46 アンサーバックのコーディング

時間があったので、自車のアンサーバックのコーディングを行ってみる事にしました。といっても結論から言うとできませんでしたが^o^;

コーディングも色々な方法がありますが、手持ちのツールで一番簡単にできるのがBMW Scannerです。ユーザインタフェースに表示された内容を元にZKE5モジュールをコーディングするだけ。

BMW ScannerでZKE5のコーディング画面

海外のフォーラムのログを漁ってみるとアンサーバックの設定だけではうまく動作せず、セキュリティアラームのDWAを設定する必要ありとの情報。

BMW Scannerだと上記の赤く囲った部分になります。

はじめにDWAにチェックを入れずに設定してみましたが、フォーラムに書かれていた通り、アンサーバックは機能しませんでした。

上記の設定で一応キーロックしたときに一回点灯のアンサーバックはできましたが、

ZKE5のエラーログ

上記のエラーログが残るようになってしまいました。

初期型のE46に限るのかもしれませんが、セキュリティアラームが未接続状態だとこのエラーが残ってしまうようです。E46が現行の頃からアンサーバックの設定を行うとエラーログが残ってしまうと言われていた内容はこれだったんですね。

確認の意味も含めて、今回はアンサーバックの設定は保留することにしました。

セキュリティアラームパーツ

このエラーの対策には、上記の図の4番(および付随するパーツ)が必要みたいです。Youtubeで後付けしている人が取付方法を紹介していましたが、4番のサイレンまでの配線が初めからされているのかな?(未確認です。)

配線さえされていれば、4番(パーツ番号:65758383152)のサイレンを取り付ければ一応先のエラーは消えるのでアンサーバックの音と光で反応させる事が出来そうです。

上手いタイミングで出物のパーツとかがあると良いんですけどね。

以上、「BMW E46 アンサーバックのコーディング」でした。


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加