エントリー

アイドリングコントロールバルブの蓋、シリコンキャップの加工

アイドリングコントロールバルブの蓋、シリコンキャップの加工

アイドリングコントロールバルブを未使用状態にして、キャップをかぶせてありますが、スロットルの開閉で少し膨らんだりしぼんだりしているので、盲蓋の加工を行いました。

シリコンキャップの切り出し

装備してあるシリコンキャップを取り外し、以前交換したアイドリングバルブでサイズを合わせてシリコンキャップを切り出しました。

切り出したい長さの位置にマスキングテープを巻いて(約10mm)、カッターで切断。

かなり肉厚なシリコンキャップですが、アイドリングバルブに対して10mm ぐらい長いだけで、アイドリング時のインマニ圧の負圧でへかなり凹んでしまっていました。

写真を撮り忘れましたが、アイドリングコントロールバルブの口のサイズに合わせてFRP素材で蓋を作成し、アイドリングバルブ側に離型剤を塗って液体ガスケットを作成した蓋に塗ってアイドリングコントロールバルブとの隙間を埋めつつ液体ガスケットで型取りしたものをシリコンキャップ内部に挿入してあります。

 

スリーボンド 液状ガスケット シリコン系 白色 100g TB1212
スリーボンド
売り上げランキング: 6,323

 

よくよく考えると型取りくんでアイドリングコントロールバルブの吸入口を埋めて、シリコンキャップで蓋をしてもよかったかな?アイドリングコントロールバルブは構造上、内部のバルブに向かって口が細くなっているので、蓋が吸い込まれることはまずありませんので。

 

 

 

アイドリングコントロールバルブ周辺のばらし

タワーバーは片側だけ外して、DISAをインテークマニホールドから外してアイドリングコントロールバルブへアプローチしました。

アイドリングコントロールバルブをシリコンキャップでふさぐ

キャップをもとに戻して、アイドリングコントロールバルブにフィットすることを確かめて、タイラップで固定。

これでインテークマニホールド圧でシリコンキャップが動くことはないでしょう。

以上、「アイドリングコントロールバルブの蓋、シリコンキャップの加工」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加