エントリー

BMW E46 エンジンカバーを元に戻す

BMW E46 エンジンカバーを元に戻す

インジェクター交換によってインジェクターの背丈が10mm伸びたことで、ドライカーボン製のエンジンカバーがエアコンフィルターハウジングと干渉してしまうため元に戻すことにしました。

現在はノーマルサイズのインジェクターを装備していますが、これから多分何度かインジェクターをテストすることになるので...^o^;

F-Carbon製M52tub用エンジンカバー

これが2007年末から、11年装備していたF-Carbon製エンジンカバー。
すでに入手はできません。

結構高かった(8万円ぐらい?)ような気がしたけど。

Fcarbonの箱

純正のエンジンカバーはFcarbonの箱に入れてお蔵入りしていましたので、引っ張りだしてきました。

BMW純正エンジンカバー

純正とF-Carbonを比較するとインジェクター側のカバーの形状が少しことなります。

純正はエアコンフィルターハウジングとの干渉をさけるためか、はじめから切り込みが入っていますね。

エンジンカバーの裏目にアルミテープをチューン

当然ですが、前回同様エンジンカバーもアルミテープチューンを行いました。

関連記事:

引続きアルミテープチューン(フロントホイール、エンジン回り)

以上、「BMW E46 エンジンカバーを元に戻す」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加