エントリー

クランクケース減圧弁を取り外す

クランクケース減圧弁を取り外す

こちらの記事から約一年近くは減圧弁を取り付けた状態でしたが、スロットルバルブの電スロ化に伴い、一度減圧弁を取り外すことにしました。

関連リンク:

ガルフストリーム

現在は、オレンジウルフワンウェイバルブという名前で販売されています。

NA用、ディーゼル用など、ラインナップが増えてますね。

 

関連記事:

シルキー6を追求、クランクケース減圧バルブを元に戻す

先日の電スロ化に伴い、アイドリングコントロールバルブを使用しなくなったので、それに伴いクランクケース圧、ブローバイの経路等を一通り確認しています。

今回、クランクケース減圧弁、オレンジウルフの代わりに、丁度良いサイズのシリコンホースをアマゾンで見つけたので購入してみました。

関連リンク:

Cool Nuts 異径シリコンエルボーホース 90度 内径13mm - 25mm ブルー TRE90-13-25-B

 

Cool Nuts 異径シリコンエルボーホース 90度 内径13mm - 25mm ブルー TRE90-13-25-B

説明にある通り、かなり肉厚で柔軟性はありますがかなり固めのシリコンホースで耐圧性がかなりあります。

エンジン本体、クランクヘッド側は25mm、オイルキャッチタンクへつなげるブローバイホースは内径約13mmなので、25mm-13mmの異形、90度のシリコンホースです。

シリコンホースは色々なサイズがラインナップされていますが、なかなか目的のサイズがなかったりします。

特に異形タイプのホース、今回は更に90度エルボーだったので、流石に目的のサイズは無いか?っと思いましたがジャストサイズが運よく見つかりました。

シリコンホースを加工

取り付けてあるオレンジウルフ(減圧弁)と比較すると25mm口の方が少し長かったのでカッターでカットしました。

シリコンホースの取付

クランクケースに綺麗に取り付けることができました!

耐熱、耐圧で、丁度エンジンヘッドのラジエターの後ろに使うには丁度良い素材です。

しばらくは、クランクケース減圧弁無しでテストしてみる予定です。

以上、「クランクケース減圧弁を取り外す」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加