エントリー

実話(笑)事件現場で坂道発進練習!(BMW E46をMT化した頃の話)

実話(笑)、事件現場で坂道発進の練習!

さかのぼること11年前の話なんですが実話だったりします。

今思えば、当時、ドライブレコーダーがあったら、なんらか捜査協力できたのかもしれませんね。

11年前、2006年の春にスーパーチャージャーを装備後、テスト走行でオートマが悲鳴を上げる状態になり、マニュアルトランスミッション化(以下、MT化)を行ったのが、ゴールデンウィーク前ぐらいでした。

 

参考記事:
BMW E46 MTコンバート(2006年にマニュアルトランスミッション化)

 

BMW E46 328ci RHD マニュアルトランスミッション

 

当然の事ですが、MT化した後の問題はMTの操作に慣れる事。(汗)

実際、免許を取った時以来、MT乗ったのは1度だけだったりするので、クラッチ踏む感覚なんてすっかり消えているわけですよ。(苦笑)

この時点で自分はMTのブランクが20年近くあって、MT化した時の納車の後、Studie横浜さんの近所を2時間近く練習して、自宅に戻る途中の坂道発進では泣きそうになりながら走った事を今でも忘れません。(笑)

オートマチックトランスミッションと比較すると、左足を使うという行為に対して、「いらない脳みそ使うかな?」なんて、StudieのBOBちんに言われた事が未だにその通りだな~なんて思ってます。

当時、自分は車で通勤していたので、毎日、毎日、都内の色々な坂を通過しなければならないわけで、MT化直後のゴールデンウィークの真夜中、車が走っていない坂道を探しては、坂道発進の練習を繰り返して、まあ何とかなるぐらいまでには慣れました。

慣れたと言っても、これまで使っていなかった左足をクラッチ踏みで酷使したので、足が張れて、会社の近所の鍼灸へ行ったら「一体なにをしたんですか?」って言われるぐらい左足がパンパンだったことを良く覚えています。(苦笑)

 

ここで言っている坂道発進はサイド引き発進と、サイド引き無し発進の2つです。(笑)

今は、サイド引きする事はまずありませんが、スーパーチャージャー+MT化した当時、アイドリングが安定せず(いまだに完璧ではありません。)、操作ミスではないエンストが多発していため、坂道発進の時のサイド引き発進が必須操作となっていました。

チューンドカーでもハイカムなどを入れて低速トルクが薄くなってしまった車両でもサイド引き発進必須だったりするのと、坂道発進のセオリーとしては、サイド引き発進が当然なんでしょうけどね。

坂道発進の練習ですが、その後も毎日繰り返して、通勤途中の坂道で、ほぼ人が居なくて、昼間でも走行車両がほとんどい無く、一方通行で、緩やかで、道幅がある50mぐらいある坂道をいつもの練習場所にして繰り返していました。

 

ある日...

そんな坂道発進の練習を毎回同じ場所で行っていたある日、俺の坂道発進練習所(笑)に到着し、バックミラーを見るともの凄い人数の人たち(多分50人ぐらいでしょうか?)がカメラを持ってこっちを皆で見てるんですよ。(笑)

まあ、報道関連の人だな~なんて思いつつ、お構いなしに、毎度の坂道発進の練習開始。

坂道発進の練習の時、後ろの報道陣があまりにも俺の車を凝視しているので、「でかい羽根が目立つのかな~」なんて思いつつ、サイド引き発進とサイド引き無し発進の2回をいつも通りこなして、その先にある信号前で停車して、信号が変わって安定の坂道発進。(笑)

そのとき、後ろの報道陣の数人が自分の車をおいかけてきた感じはあったのですが、信号も変わったのでそのままスルー。

で、その日の夜、鶴田〇由さんの旦那さんと六本木ヒルズのラウンジのデザイン打ち合わせで飯を食べているときに、車の話で盛り上がり、MT化の話と毎日坂道発進している話をしたんです。

そこで、俺の坂道発進練習所が今日は凄い人で賑わっていたい話をしたら、俺の坂道発進練習所は、誘拐事件の事件現場だったことを知りました。(爆)

 

関連リンク:
渋谷女子大生誘拐事件

 

打ち合わせした日が、事件の翌日だったので、報道陣が俺の車に近寄ってきたんですねー。

事件自体は、短時間で解決し、何事もなかったので大変良かったです。

しかし、あの付近は著名人が沢山住んでいるのは知ってましたが、まさか事件現場とは想像すらしませんでした。

自分が住んでいる付近には、お洒落な東急トランセというミニバスが走っています。

正式名称は、東急トランセ代官山線というらしいです。

 

関連リンク:
東急トランセ代官山循環

 

東急トランセ代官山循環

 

で、事件現場は、この中のバス停、伊太利本社停留所で起こり、そのバス停のある場所が坂道発進練習所だったんです。(笑)

自分の記憶が定かではありませんが、事件前、あのバス停付近にいつもワゴン車がいたような気がするんですよね。

毎日練習を繰り返していたので、「いつもいるなー」なんて思っていたんですよ。

はっきり覚えていませんが、もしかしたら伊太利さんの(今はどうかしりませんが、伊太利さんの社用車であるワンボックスカーの駐車陳列が綺麗な事で有名)ワゴン車が路駐していただけだったかもしれませんけどね。

あの当時、毎日必ず坂道発進の練習をしていたので、事件が発生する前の時間帯、自分は事件現場で坂道発進の練習をしていたはずです。

 

自分の記憶では、3ヶ月間ぐらいは、坂道発進の練習をしたような記憶があります。

オートマチックトランスミッションで走行している頃は、ほとんど気が付きませんでしたが、東京都内は、思っている以上に坂が多い町なんです。急な坂道もそうですが、思ってもいなかったような場所が、非常に緩やかで長い坂道だったり。

MT車に乗らないと、まず気が付かないですね。

以上、「実話(笑)、事件現場で坂道発進!(BMW E46をMT化した頃の話)」でした。


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加