エントリー

BMW純正パーツE46 M3 CSL リアロアーアーム取り付け(2003年11月5日)

唯一のE46 M3 CSLパーツ!

古い写真が出てきたのでご紹介します。

自分の車に付けている唯一のE46 M3 CSLパーツです。(笑)

BMW E46 M3 CSLリアロアアームと3D Designワンオフショックアブソーバー

2003年当時、BMW純正E46 M3 CSLに装備された リアロアーアームへ交換が流行りました。

BMW E46 M3 CSLロアアーム

素材がジュラルミン製で、剛性が強く、超軽量です。

ロアアーム交換は、リアのサスペンションの動きが良くなる感じでしょうか?

記憶では、劇的な違いは判りませんでしたが、足回りのバネ下軽量化に非常に大きな役割をもっているます。

上記の写真は、3D Design製のE46ワンオフサスペンションと一緒に CSL リアロアーアームの取り付けを行った時の写真です。

ショックアブソーバーのゴムブーツが新品状態ですね。(笑)

 

BMW E46 M3 CSL リアロアアーム

上記の写真では、ARCの中空スタビライザーを装備しています。(懐かしい)

ARCの中空スタビライザーも純正と比較すると劇的に重量に違いがあり、バネ下の軽量化には非常に効果がありました。

 

残念ながら入手不能?!

残念がならE46 M3 CSL リアロアーアームは、現在は入手不可能のようです。

純正部品にこだわる部分でもないので、現在でも入手可能ならば、サードベンダーが開発した後発の軽量化+調整式のリアロアアームをそちらの方が良いかもしれませんね。

当時、CSL専用パーツは、再入手ができないと噂されていましたが、その通りになってしまいました。

あの頃、Studieさんの店頭には、E46 M3 CSL リアロアーアームが籠に無造作に入れられて、結構沢山在庫あったんですが…入荷はあれっきりになってしまったようです。

こちらの深沢自動車さんのホームページを見ると、E36にも装備出来たんですね。

BMW ETKで、E46のロアアームをパーツ検索して適合車を見てみると、

(リンクがいつまで有効かわかりませんが、こちら。)

E46全般、E36全般、および、Z1 Roadsterになっています。

(Z1 Roadsterは中身E36 325でしたっけ?!)

 

その他のE46 M3 CSLパーツ

その他、E46 M3 CSLパーツはカーボンルーフがあり、大がかりな工事が必要となりますが、Studieさんのヘビーユーザーの方で、カーボンルーフに交換された方が、何名かおられました。

CSLのカーボンルーフをパーツ単体で持ち上げたことがありますが、本当に軽く、片手で指てつまんで持ち上げられた事を今でも覚えています。

あまりの軽さに強度的な不安もあるぐらいでしたが、軽くてももドライカーボン製なので強度は十分なんですね。

その他、E46 M3 CSLパーツで流用可能なパーツは、フロントバンパーがありましたが、カーボンルーフやフロントバンパーも、もう入手不可なんでしょうね、きっと。

 

以上、「BMW純正パーツE46 M3 CSL リアロアーアーム取り付け」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加