エントリー

ワイヤレスによるバックカメラ 取付(BMW E46)

もうすぐ18年目を迎えますが、今更ながらバックカメラを取り付けました。(笑)

ほんと、何を今更?って感じですよね。

これまでバックカメラを取り付けようと思ったタイミングは何度かあったのですが、自分の車の時代は、世の中にやっとDVDのカーナビゲーションシステム(CD-ROMのカーナビゲーションの時代は、区間ごとにCDの入れ替えが必要という、今では考えられないようなものでした。E36世代の人は結構多かったかな?)が出てきた頃で、現在のように小型カメラの流通はほとんどなく、カメラの解像度(レゾリューション)もあまり良くないものばかりなのに、金額は結構たかったりっと。苦笑

E90が出てきた頃ぐらいからでしょうか?バックカメラが流行りだしたのは?

今から約10年ぐらい前ぐらいかな?

カーナビ連動のバックカメラが流行ったのは...。

 

自分の車は、先日の記事にも記載しました、トランクとヘッドユニット付近までの配線が、リアのロールケージを外さないと通せないという大きな問題があります。

ネットで色々と検索すると、最近はこの問題を解決できる電波で映像を飛ばす装置が売られていたので、購入してみることにしました。

映像トランスミッター送信機

こちらが送信機

映像トランスミッター受信機

こちらが受信機。購入はアマゾンからです。金額は895円送料込みでした。(笑)

一応、説明書きでは、Wi-Fi無線帯域の2.4Gを使用しているとのこと。出力はどのくらいあるのかわかりませんが、クルマの周辺ぐらいならばマターできるという感じでしょうか?

一応、ホワイトハッカーなので(笑)、中を分解してみると、12Vのカーバッテリーから内部のワンチップ用の電源を作る三端子レギュレータがいい感じのスペースを占有し500mA最大というところでしょうか?
これならば、電源をリアのバックライトと連動しても問題ないと思います。(消費電流は計測し忘れました。)

一応、手持ちのコンポジット映像出力(NTSC)信号を持つカメラとテレビに接続して、手持ちの12V電源2台を使って動作確認。カメラの映像はDVカメラ映像なのでかなりファインなはずですが、若干ノイジーな映像な感じはしましたが、自宅のテレビの大きな画面なので、ナビなどの画面サイズならばそんなにノイズは気にならない範囲だと推測。

続いてカメラの入手です。やはりこの手のカメラは海外のebayに送料込みでびっくりするような値段で出店されているので、似たような製品で、販売実績が多い人から購入しました。

バックカメラ

ちなみに購入金額は、USDで$12、paypalの為替変換手数料をカード会社に設定してあるので、購入時の金額は1416円(税込み)でした。(笑)

ちょっとびっくりしたのは、全く同じ製品が日本のアマゾンで、約10倍の金額で販売されていました。さらに余談ですが、今回購入した$12のカメラは最安円ではなく、同じ製品を$4ぐらいで販売している人もebayにはいました。
ebayを日本で利用するセオリーとして、販売実績の数が多い人に限りということで、$4の方からの購入はやめておきました。(笑)

バックカメラ

ただ、この製品、購入した人のレビューに、E46にはサイズが合わなくて取り付けできない、などと悪いレビューが沢山。
まあ、最悪、カメラだけ使うという前提で、カメラだけでもこの金額ならば、秋葉原などで販売されているものよりも安いので、まあ良しとしましょうということで...。

バックカメラ

リアライセンスプレート灯を置き換える形で取り付けるため、LEDライトが付いています。

ここ数日、クラッチ交換や触媒交換を行って、手元に車がなかったため、やっとカメラ取付作業に着手しました。

BMW E46 トランクの内張を外したところ

トランクの内張りを外します。内張外しがあれば簡単に外せます。そんなに難しくありません。(一人でできます。)

BMW E46 トランクの工具箱を外したところ

トランク裏についている工具はネジ2本で取り付けらています。

BMW E46 トランクの取っ手を外したところ

トランクの取っ手、ライセンスプレート灯の部分はトルクス4本で固定されているので、緩めます。ナンバープレートと干渉してしまいますが、うまい角度でナンバープレートの片側のみのネジを外して(封印側を開かずそのまま)引き抜けます。

ライトカバーとカメラの比較

まあ、予想通りというか、やっぱりライセンスプレート灯のカバーのサイズが違いました。

カメラを取り付けてみるけど、付かない

自宅に持ち帰り、はめ込んでみると内部と干渉してしっかり閉まりません。

カメラのみ外して、サイズを測る

仕方がないので、カメラだけ使うことにします。まあ予想通りです。苦笑

カメラのサイズをボール紙で採寸します。

カメラ取付位置をマーキング

カメラを取り付けるところをマーキングします。本当は中央が一番よいのでしょうけど、E46の場合、トランクオープンスイッチがあるので無理ですね。なるべく中央がいいのでしょうけど、ナンバープレートが少しでも見えなくなるような位置はNGなので、上記の写真の場所にしました。

BMW E46 トランク取っ手へカメラの仮組

加工は、カッターナイフをコンロであぶったホットナイフでマーキングした箇所の切り抜き内部の補強なども切り落とし、カメラは入るように調整し、周りはやすりで削ります。若干大きめに穴をあけて最後に位置を調整してシールすることにしました。

映像トランスミッター送信機の取り付け

送信機はインシュロックで固定。振動で外れないように対策してあります。

映像トランスミッター送信機の電源ライン

電源は、バックランプから分岐します。+/-の極性だけ間違わなければ大丈夫です。多分この送受信機には保護回路が入っていませんので、極性を間違えるとそれで終わりとなると思いますので、不安な方はテスター等で調べたほうが良いでしょう。

BMW E46 トランク取っ手カメラ仮付け

一応、両面テープで仮止め。

映像トランスミッター受信機の取り付け

続いで受信機です。金属に囲まれていなければどこでも受信できるのでシフトレバーの横付近に両面テープ止めし、シフトレバーのバック信号の電源を分岐しました。自分の車は、マニュアル化した際に、トランスミッションのスイッチから配線がこの付近に来ているので、作業は特に難しくありませんでした。オートマチックトランスミッションの方もリバース信号がこの付近で拾えると思います。

映像トランスミッターとカーナビへの配線

毎度の光景です。(笑)取り急ぎ、使用しているカロッツェリアのポータブルカーナビのバックカメラ入力に接続することにしました。
実はここ数日、ディスプレイ内蔵型のルームミラーを色々と調べていたのですが、良いもの(気に入った物)が見つからず、バックカメラ入力に関して大不評のカロッツェリアAVIC-99でしばらく使用してみることにします。(手動切替しか対応していません。まあポータブルカーナビなので仕方ないですね。不評なのは、GPS情報から車速を判断して、クルマが停止状態(すなわち速度ゼロ)にならないと切替ができないようになっている点でしょうか?)

RAC半田つけ中

配線は、3.5φのミニジャックと1.5c-2Vのケーブル、そして受信機との接続に雌のRCAジャックをパーツで購入し配線を通しながら作成しました。

BMW E46 エアコンパネル爪の位置

余談ですが、カーナビへの配線をいじるたびにエアコンパネルを外すのに苦労するため、隠れている爪の部分をマーキング(写真の白い矢印)してあります。(笑)

愛用のガスライター式半田ごて

車内の半田付けには、Goodのこれを使用しています。専用ガスでなく、ガスライター用のボンベでOKで、着火してから1分ぐらいですぐ使える優れものです。
車のDIY野郎には必需品ですかね?!(笑)
ガス式半田こても色々ありますが、安い物はすぐにダメになってしまいます。

カメラ接続テスト映像

動作テストです。トランクを開けたままだったので、空が写ってびっくり。(笑)自宅で確認したノイズはほとんどわかりません。結構綺麗に映りました。

問題は夜のバックですかね?バックライトの明るさでどこまで映るか?

障害物などの確認ぐらいにしか使えないと思いますけど、バックカメラがあるだけでなんか新しい車みたいです。(笑)

写真に写っている補助線が表示されます。バックカメラの基本機能なので消す事はできません。線はカメラ取り付け位置、角度によって調整が必要なので、ほとんど意味を持ちません。苦笑

カメラの取り付けに使用した黒ゴム接着剤

カメラの取り付けは、先日小物入れの修理で使った黒ゴム接着剤を使用しました。

カメラ周辺をマスキングして、黒ゴム接着剤をたっぷりと塗り、はみ出した部分を竹櫛などでふき取りなるべく綺麗にします。

カメラ周辺のマスキング

カメラはグラステープで固定します。グラステープは名前の通り、グラスファイバーがテープに埋め込まれているので、テープが伸びません。昔、ラジコンカーのバッテリーの固定などで使用した残りですが、伸びがないので、大変重宝しています。

取り付けたカメラの状態

しばらく放置してマスキングテープを外します。黒ゴム接着剤が若干弾力があるので、振動吸収も兼ねていい感じだと思います。

取り付けたカメラの状態

バックカメラが付いていることがわかりますが、そんなに目立ちません。

今回、バックカメラを作成した配線パーツ代金込で、3000円かからず取り付けできました。

しばらく様子を見て、動作状況などご報告したいと思います。

 

 

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加