エントリー

吸気シリコンホース交換

吸気シリコンホース交換

最近、コロナ禍でDIYで出来るメンテとかパーツ交換ばかりしています。一応自分が住む東京は緊急事態宣言中なので不要不急の外出はしないようにしてますが、都内の人出はあまり変化が無いというか統計方法が間違っているような気がしてなりません。都内だと東京駅、新宿駅、渋谷駅などの主要駅の人出を統計してテレビなどで放映していますが、実際主要駅周辺よりも近場の大き目な駅は人出が減っている印象はまったくありません。正月も明治神宮などは人出が少ないなんて報道されてましたけど、近所の神社は長打の列。結局都内にいる人は人出が多い場所に出ていないだけで、近場には普通に出歩いているというのが現状のような気がします。まあ流石に夜は飲食店が20時迄なのでかなり静まり返っていますが...。

話が逸れましたが、ここからが本題。

これまでエアフロレスとか他社のダイレクトエアーフィルターを装備しているときに何度か交換してきてはいたのですが、ここ数年はK&Nのエアフィルタに交換&エアフロを復活させてから、スーパーチャージャー装備直後に装備していたSAMCOの80mm、45°エルボーホースを継続使用してきました。

関連記事:

湿式タイプ、ダイレクトエアークリーナーの洗浄(2017年2月)
やっと目的のダイレクトエアークリーナーを装備できました!
車のダイレクトエアークリーナーを探す

しかしながら、すでに15年近く使ってきて少し焼けが目立つようになってきたので手持ちのエルボーホースを加工して交換することにしました。

シリコンホースの状態比較

上記はすでに取り外して比較した写真ですが、大きな方は昔一時的に使用していたSAMCO製のシリコンホース。手前が取り外したシリコンホース。内側は特に汚れていませんが、表側は少し焼けた感じで黒くなっています。エンジン熱によって少しづつ表面が焼けた感じでしょうか?ホースバンド部分が日焼け後のように残っています。紫外線はほぼ当たらないので、エンジン熱によって意外と焼けるものなんですね。。。
表面は焼けていますが、内径80mmのシリコンホースは肉厚が5mm以上あるので15年経過してもしっかりしています。

シリコンホース交換

シリコンホースを交換して、少し綺麗になりました。(笑)

ここしばらくはDIYで出来るメンテが多いかな。

以上、「吸気シリコンホース交換」でした。

 

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加