エントリー

スマートルームミラーの電源がおかしい

スマートルームミラーの電源がおかしい

ここのところ寒くなってきたからなのか車を走り出してしばらくスマートルームミラーが再起動を繰り返すようになってしまいました。

しばらく走行すると何事もなかったように普通に動作するので放置しておいたんですが、一度徹底的に原因を調査してみることにしました。

ちなみにスマートルームミラーの装備はこちら

関連記事:

念願のスマートルームミラー(取付編)

装備直後にもUSBの延長ケーブルが問題で似たような状態になったんのですが電源ユニット自体は対策したので何か別な問題と推測。

関連記事:

スマートルームミラーの動作がおかしい

スマートルームミラーの電源電圧と電流

ミラー根本まで配線してあるL型のUSBミニの部分の電源と流れている電流を計測してみるとご覧の通り。電圧降下が0.24Vあり、電流が400mAしか流れていません。この写真を撮影した状態でスマートルームミラーは再起動を繰り返しています。

配線を這わせている個所の内張をはがして、別のUSBコネクター部分で電源電圧を計測して1つ1つ確認していくと、原因はなんとL型USBミニケーブルでした。

USBミニコネクターが小さすぎるのでケーブル内部の抵抗値を計測できませんでしたが、USBミニコネクターが気温が低いと内部抵抗が上がってしまいスマートルームミラーで必要とされる電力が確保できず再起動を繰り返していたようです。

USBケーブルの比較。新しいケーブルは太い

前回もアマゾンでUSB-USBミニL型ケーブルを購入したのですが、今回もアマゾンで異なるメーカーのケーブルを購入してみました。(少し高かった。)

写真を見てもらうとわかると思いますが、左がこれまで使用していたケーブル(問題あり)、右が今回新規購入したケーブルで、明らかに太さが異なります。

左側のケーブルはUSBミニ規格の耐電流を満たしていなかったんですかね?スマートルームミラーはそこそこUSBミニ規格ギリギリの電流を流し続けるので、使い続けると内部のケーブルが細くて劣化(腐食、焼き付き等)してしまったんだと思われます。

ちなみに今回新規購入したUSBミニL型ケーブルはこちら

関連リンク:

ViViSun USB 2.0 ミニケーブル USB(A)オス-USB(miniB)オス L型 左右90°方向変換ケーブル 金メッキ付き 高速480Mbpsのデータ転送同期リード (1.8m, 右L)

ケーブルが少し太くなりましたが、ケーブル交換後、スマートルームミラーが再起動する問題は一度も発生しなくなりました。

1年ぐらいしか使っていないケーブルですが、(ダメだったケーブルはこちらの記事に記載してあります。)車両等で使うにはちょっと無理があったようです。

車内で使えるUSB機器が増えてきておりまうすが、動作がおかしい等の場合で延長USBケーブルを使用している場合は、一度USB電源状態を確認してみる事をお勧めします。

以上、「スマートルームミラーの電源がおかしい」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加