エントリー

6年ぶり!BMW E46 エクスパンションタンクキャップ交換

6年ぶり!BMW E46 エクスパンションタンクキャップ交換

6年ぶりにクーラントリザーバータンク、(エクスパンションタンク)のキャップ交換を行いました。

エクスパンションタンクキャップ

特に問題があったわけじゃないのですが、キャップを外して水洗いした時に少し内部のパッキンが白くなっていたので、昨年何かのセールの時に購入して交換していないかったスペアのエクスパンションタンクキャップがあったので交換しました。

交換したエクスパンションタンクキャップ

交換したのはこれまでと違う昔のタイプのキャップ?!
これまでのようなカラフルな絵の説明は描かれておりませんが、製品としてはしっかりしているかな?(BMWのパーツもネットで安く入手可能な物が多くありますが、純正パーツのOEM製品と謳って販売しながらも粗悪品もあるので注意が必要です。基本的に「安かろう悪かろうです。」安く入手したい場合、パーツ手配ミスがなければ海外の有名サイトからの直販が一番安全かな?)

エクスパンションタンクキャップは定期交換が必要?!

エクスパンションタンクキャップの交換を前回いつ行ったのか振り返ってみたところ、こちらに記事がありました。

このブログシステムを使い始めた頃の記事であっという間に6年ですね。(苦笑)

この6年間でエクスパンションタンクの破裂は一度もありませんでしたが(2010年に一度高速走行中に発生しました。)、エクスパンションタンクは2度程交換しており、またラジエーター本体の破損やウォーターポンプ、サーモスタットバルブなど水回りは一通り交換しつつもキャップは6年間使い続けています。

キャップの状態が良ければ再利用は可能なのですが、キャップはエクスパンションタンクの内圧が上がりすぎると圧力が抜ける仕組みになっているので、キャップが開かない状態になるとエクスパンションタンクが破裂して水漏れを起こす引き金になる事があるそうです。

エクスパンションタンクの破損による水害は(笑)E46乗りなら一度は経験した事があると思いますが、エクスパンションタンク自体の経年劣化か、キャップの圧力制御が出来ない状態が続いてエクスパンションタンクの弱い部分に亀裂が入るケースもあるとの事。なのでキャップのパッキンの状態の様子を見つつ交換した方が良いと思ったときが交換時かと思います。

過去に聞いた話では、エクスパンションタンクはDラーでは3年ごとの交換を推奨しているとか。クーラント交換に合わせてタンクごと交換といった感じでしょうか?

キャップの方はどのぐらいのサイクルでの交換を推奨しているのかわかりませんが、夏場は点検した方が何かと安全ですね。

以上、「6年ぶり!BMW E46 エクスパンションタンクキャップ交換」でした。


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加