エントリー

DMEの水温設定調整後の状態の確認

DMEの水温設定調整後の状態の確認

DMEの水温制御マップの変更後、昨晩8kmぐらい街乗りして水温の状態を確認してきました。油温が指定温度(現在は98.2℃に設定)に辿りつくまでは、水温はサーモスタットによる制御なので97℃~になるまで上がりぱなしになりますが、運転中気にしながら水温を見ていると一応90℃前後ぐらいに抑えられているようです。

関連記事:

BMW E46 DIYでDMEの書き換え(水温)
BMW E46 DIYでDMEの書き換え(水温に対する油温)

ここ数日梅雨によるはっきりしない天気が続いていて、7月というのに気温が25℃を下回る日が2日程続いいる中の結果ですが、DMEの水温制御はほぼ設定どおりになっているようです。

エンジン水温と油温の分布マップ

昨日のMotecの水温と油温のログを取り出して、i2で分布マップにプロットしてみました。横軸が水温、縦軸が油温になります。Motecのログは走行途中からの物なので80℃~の水温しかプロットされておりませんが、ほぼいい感じに収まっているようです。

水温84~100℃に対して油温も同じ温度でマップされ(水温も油温も冷えた状態)、油温がある特定以上になると水温が80~90℃台に多くプロットされているので、油温を判定してサーモスタット付き電子弁ウォーターバルブの制御がマップに指定した通りうまく出来ている状態だと思われます。

これからの季節、気温が上がったときの状態もまた改めて確認していきたいと思います。

以上、「DMEの水温設定調整後の状態の確認」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加