エントリー

アライメント調整&ワイパブレード交換(BMW E46)

アライメント調整&ワイパブレード交換(BMW E46)

ここ10日ぐらいで高速道路を600kmぐらい走行したのですが、ここ数年間懸念事項であったあるスピード域でのステアリングホイールの振動を走行中何度も気になりました。

昨年の9月にタイヤ交換を行ってから、ステアリングの振動は時々気にはなっていたのですが、長距離乗る機会も少なかったのであまり気にもせずにいましたが、やっぱり連続して長距離走ると気になりますね。

関連記事:
4年ぶり?!タイヤ交換 今回もネオバ一選(BMW E46)

ステアリングの振動に対して、フロントブレーキディスクローターの交換、ステアリングギアボックスの交換、ステアリングジョイントの交換等、原因に直結するような部分を劣化状況をみて交換し、タイヤの細かなバランス取り、およびアライメント調整を繰り返して大分振動も収まりましたが、タイヤを新品にしてまた振動が気になるようになってしまいました。

リアの駆動系からの問題なのかもしれませんが、昨年の9月にタイヤ交換してタイヤ慣らしには十分な距離を航行したので、再度タイヤバランスの確認とアライメント調整を行うことにしました。

Studie横浜さんのピット

作業は毎度のStudie横浜さん。

タイヤバランサーでリバランス

フロントタイヤ左右のバランス確認をしてもらいました。左右共に10gぐらいのずれが出ていましたが、走行に影響するレベルではありませんでした。

今回も一応念入りに細かくリバランスしてもらいました。

ワイパーブレードの交換

そして今回、6年ぶり?!ぐらいにワイパーブレードも交換しました。

交換したワイパーブレード

頻繁に交換する方は毎年交換したりするのかな?(苦笑)
取り外したワイパーブレードは結構傷みがひどかったです。ワイパーブレードは真夏の炎天下、また冬場は雪にまみれたりする消耗品なので、状態に気づいたときに交換すべきですね。

G-SWATへ車を移動中

続いてG-SWATでのアライメント調整です。

G-SWATアライメントテスター

このG-SWATには色々な思い出があります。Studieさんが綱島からここへ引越ししてきてG-SWATを設置する話を聞いたときは本当にうれしかったな。台風の時、G-SWATの下がプールになったり、まあ色々と...(笑)

G-SWATによって本格的なアライメント調整がいつでもできるようになったのは劇的に車に対する意識が変わったと思います。足回りに関しての様々な原因追及が出来るようになるだけでBMWに相当貢献したんじゃないかな?(笑)

 

G-SWATで調整開始

色々なアライメントテスターがありますが、G-SWATはタイヤを回して初期値と再計測を繰り返すので、一応理想的なアライメント調整が出来るようになっています。スペースを食うのでG-SWATを導入している所はあまりないのかな?

G-SWATの調整画面

上記はG-SWATの画面で調整中なので数値がバラバラです。今回は少し空気圧を上げて街乗り・直進安定性重視という事で、フロントをトーアウトからトーインに調整。直進性が良くなり、サスペンションが沈んだん時にタイヤが真っすぐなるので接地面積が増える形で曲がりも少し良くなるかな?ブレーキも良く効くようになるのかな?

G-SWATで調整中

Studieの森メカニックに繰り返し、しつこくフロントとリアのトー、リアのキャンバーを調整してもらいました。

G-SWATは有料作業ですがStudie横浜さんはBMWならばアライメント調整を受け付けてくれるので、走りに気になる点がある方は気になる状態を相談の上、一度アライメント調整を行ってみると良いと思います。

(タイヤアライメントは走行していればずれてしまうので、定期的に行う必要があります。)

調整後ですが、これまで気になっていたステアリングの振動はほぼなくなりました。(かなり解決したと思います。)
もう街乗りしかしていないので、今回の調整で楽に運転できる車になったかな。(笑)

以上、「アライメント調整&ワイパブレード交換(BMW E46)」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加