エントリー

これは優れもの!赤サビを黒い防錆被膜に変える、タワーバーネジ錆処理

これは優れもの!赤サビを黒い防錆被膜に変える、タワーバーネジ錆処理

数年前から気になっていたタワーバーのストラット部分を固定しているネジの錆。

ストラットタワーバーの固定には、バーの締め付けが逃げがないようにステンレス素材のネジではなく、鉄ネジが使われているものが多いので、ネジの部分に赤錆が浮くケースが多いかと思います。

先日ホームセンターで便利そうなものを見つけたので、タワーバーを外してチャレンジしてみました。

見つけたのは99工房の赤サビ転換防錆剤です。

関連リンク:

ソフト99(SOFT99) 補修用品 赤サビ転換防錆剤

 

99工房の赤サビ転換防錆剤の詳細はこちら

99工房 赤サビを黒い防錆被膜に変える

最近は、便利な優れものが色々とあるんですね。

 

自分の取り付けているiDing Powerのネジは、10mmの六角レンチとロックナットが使われています。

下地処理(軽くペーバーがけ)をして塗ってみた状態がこちら。

ネジ下地処理

手前の方が塗った状態の物です。(かなりサビサビ

本来、塗装前提の下地処理用の物らしいのですが、乾くと黒くなります。

防錆処理後のネジ

やはり赤サビ転換防錆剤処理を行う前の下地処理は必須で、最低でもペーパー掛けか、サンポール漬けで錆を落とした上で赤サビ転換防錆剤を塗ると効果抜群かと思います。

以上、「これは優れもの!赤サビを黒い防錆被膜に変える、タワーバーネジ錆処理」でした。


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加