エントリー

BMW E46 前期向け ステップトロニック反転方法(2002年4月21)

BMW E46 前期向け ステップトロニック反転方法(2002年4月21)

この記事は、2002年4月21、当サイトで紹介した「BMW E46 ステップトロニック反転方法」をリライトした記事となります。

※記事内で紹介している写真は、当時撮影した物となります。

 

 

2002モデルが出てから流行っているステップとロニックの+/-の入れ替えを僕もやってみました。

パネル自身はそのままですが、後日パーツを入手してパネルに表示されている+/-も入れ替えたいと思ってます。
+/-の入れ替え作業には、プラスドライバーと先の細いマイナスドライバーがあれば出来ます。

作業は簡単ですが、このページの内容は自己の責任の範囲で行ってください。当方一切の責任を持ちません。

 

1.シフト部分のブーツを引っ張り上げシフトパネルを外します。

BMW E46 ステップトロニック反転紹介写真1

手前にある2つのネジを外して(写真の赤丸の部分)、シフトレバーパネルを外します。

2.シフトレバーパネルを引き上げるとパワーウィンドウスイッチが写真のような形で取り付いています。

BMW E46 ステップトロニック反転紹介写真2

爪でひっかけるだけで取り付いているので左右共に外します。

3.シフトレーバーパネルを取り外してシフトブーツを残して外した状態にします。

BMW E46 ステップトロニック反転紹介写真3

シフトレーバーパネルを回転させて取り外せばシフトブーツを残してシフトレバーパネルのみを取り外す事ができます。

4.続いて写真のシフトレバーを包むような感じで取り付いてる黒いプラスチックカバーを取り外します。

BMW E46 ステップトロニック反転紹介写真4

完全に取り外す必要は無く、このカバーも左右の爪が引っかかっているだけなので、少しだけ浮かせる感じでOKです。

5.黒いカバーを浮かせると右横に紫色したコネクターがあります。(写真だと赤にも見えますけど。)

BMW E46 ステップトロニック反転紹介写真5

このコネクターは4本構成になっていますので、中央の2本、2,3ピンを入れ替えるだけでステップトロニックの+/-の入れ替えが行えます。

6.紫色のコネクターを外したところ。

BMW E46 ステップトロニック反転紹介写真6

あまりケーブルが長くないので、注意してコネクタを外してください。

BMW E46 ステップトロニック反転紹介写真7

車両側からのコネクター(写真参照)の2,3番ピンを入れ替えます。

7.この手のコネクターに慣れていない方だとコネクターを破損することもあるかもしれませんので注意が必要です。

BMW E46 ステップトロニック反転紹介写真8

コネクターの各ピン(金属部分)は爪で引っかかっています。その爪を写真のような先の細いマイナスドライバーで押して中央2本のピンの抜きます。

8.コネクターからピンを抜いた所

BMW E46 ステップトロニック反転紹介写真9

ケーブルの色は水色に黄色、水色に灰色のラインが入っています。(車両によっては異なる場合もあるかもしれません。)

BMW E46 ステップトロニック反転紹介写真10

コネクターにピンを入れ替える前に、抜くときにマイナスドライバーでつぶした爪を元の状態に戻します。

BMW E46 ステップトロニック反転紹介写真11

2番、3番を入れ替えてピンを元に戻した状態。

9.コネクターを元に戻して、取り外したものを取り外した順番と逆に取り付けていきます。

BMW E46 ステップトロニック反転紹介写真12

作業は15分もあればできると思います。

 

10.後日、シフトレバーパネルの入替を行いました。

BMW E46 前期式と2002年モデル以降のオートマチックシフトパネルの比較

 

左がBMW E46前期、右が2002年モデル~のシフトパネルになります。

MTモードの+/-が反転しているのがわかると思います。

E46の前期モデルで、この反転が流行った頃、シフトパネル全体は結構高額なので、インジゲーター部分をDIY作成したものをよくヤフーオークションで見かけましたね。(笑)

シーケンシャルミッションと同じで、シフトアップは手前に引く方が自然ですよね。

以上、「BMW E46 前期向け ステップトロニック反転方法(2002年4月21)」でした。


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加