エントリー

BMW E46 ウィンドウスイッチの分解洗浄

BMW E46 ウィンドウスイッチの分解洗浄

先日、ウィンドウレギュレーターを交換したのですが、今日突然窓がスイッチで開かない現象が発生。

窓開閉のスイッチを上下に押してみた所、すぐに窓は開きました。

スイッチをおしても、パワーウィンドウのモーターが反応していないようなおで、窓を開閉させるウィンドウスイッチに問題があると判断。

取り外して分解してみることにしました。

BMW E46 ウィンドウスイッチ

取り外したウィンドウスイッチ、運転席側です。

BMW E46 ウィンドウスイッチ

爪でひっかけてあるだけで簡単に分解できそうなので開けてみました。

BMW E46ウィンドウスイッチの内部

内部のスイッチを押す部分が破損したりするようですが、特に破損個所はありません。

基板上にタクトスイッチが4つ(前後、開閉用)が付いています。

スイッチの接触をテスターで確認してみましたが、ちょっと深く押し込まないと通電しない感じでした。

一応基板をパーツクリーナーで洗浄して元に戻して、ウィンドウの開閉は特に問題なくできるので、しばらく様子をみてみたいと思います。

以上、「BMW E46 ウィンドウスイッチの分解洗浄」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加