エントリー

ブローオフバルブ交換(GReddy BLOW OFF VALVE FV)

トラスト製のブローオフバルブ RSタイプを長年使用してきましたが、最新のFVタイプに変更しました。

 RSタイプで特に不満はなかったんですが、かなりバネを強くねじ込んでいるのでリターンされるのがかなり高回転のときしかリターンされていないという、ターボと違った特色のスーパーチャージャーでも今回のFVタイプは対応できると思ったからです。

そもそも、スーパーチャージャーの場合、ブローオフバルブではなくリリーフバルブという名前になるんですかね?

スロットル前のスーパーチャージャーの場合、回転比例で加給圧がかかった空気をリターンさせるためのバルブがどうしても必要となります。

そもそも、HKSさんから至急されたリリーフバルブはノーマル車につているような物だったので、当時(2007年頃)トラスト製のブローオフバルブ  RSタイプに変更しました。

(HKS製のリリーフバルブトラスト製のブローオフバルブ RSタイプは座のサイズが同じだったので。サイズの確認はトラストさんに電話したら、ブローオフバルブのガスケットを鉛筆でなぞってFAXしてくれました。対応が凄くよかった事に感謝しております。)

現在販売されているFVタイプは、インマニが負圧状態でブローオフが開く(やすい)状態にあっても加給圧がかかっていなければ(大気圧ならば?!)ブローオフバルブが開かない仕組みになっている点に非常に期待です。

詳細は、トラストさんのホームページの解説をご覧ください。

一応、売り文句として従来のRSタイプとリターン用のアタッチメント、座が同じ。

サイズは若干異なるので、ギリギリだと干渉するかもしれないとのことですが、スペース的に余裕があるので、DIYで交換しました。

トラストブローオフバルブの比較

新旧(左がRS、右がFV)の比較です。

ほぼ同じですので、よほどぎりぎりでなければコンフリクトは無いと思います。

青いアルマイト加工のリータン用のアタッチメントもそのまま移植できます。

装備したトラストブローオフバルブFV
付属の新品のガスケットを使用してほぼ、ポン付けで交換可能でした。

問題は、バネの圧の調整です。

RSタイプの場合は、エンストを繰返して走りながら10mmのスパナと六角レンチで繰り返し調整しました。(駒沢通りの恵比寿駅前でエンストしたときは大変だったな〜w)

今回のFVタイプですが、取り合えず、フローティングバルブの機能を信じて、ネジ調整無しでそのままテスト走行開始。

驚くことにエンスト無しで走行可能。これは、凄い!!

しばらくいつものテストコースを軽く流してみましたが、無調整でエンスト無しで走行できました。

フローティングバルブ、恐るべしですね。

本当によく考えられて作られていると思います。

後日、高速とか走行して様子を見てみたいと思っています。


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加