エントリー

Motec M100系のAT入力とAV入力の違い

Motec M100系のAT入力とAV入力の違い

自分のMotecには、AV1~AV8のアナログ電圧入力(Analog Voltage Inputs)があります。

色々なセンサーを後付けしたりしつつ、いよいよAT入力が8個では足りなくなってきました。

そこでMotec空きのあるAT入力(Analog Temp Inputs)をAV入力の代わりにつかえないか?っと思いMotecのマニュアルを読んでみたところ、

AT入力、AV入力、共に電気特性が同じなのですが、唯一違う点は、

AV(Analog Voltage Inputs)

Input Resistance: 100k ohms to 0V

AT(Analog Temp Inputs)

Input Resistance: 1000 ohms to the 5V sensor supply and 100k ohms to 0V.

の部分です。

英語でこのように書かれるとピンと来ないんですが、AVO Japanの高橋社長に問い合わせしたら、以下の図を即答してくれました。

Motec AV(Analog Voltage Inputs)

Motec AT(Analog Temp Inputs)

AT入力はレジスター系(温度センサー等)をGNDと接続するだけの仕様なので、Motec内部で1KΩのプルアップ抵抗で5Vに接続されています。

回路図で示してくれればすぐにわかったんですけどね。

なので、電圧測定にはAV入力のみしか使えないという理解でよいのかと思います。

AT入力をDigital Inputの代わりに使用してスイッチとして使用する場合はダイオードとか付けた方がいいのかな?

以上、「Motec M100系のAT入力とAV入力の違い」でした。


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加