エントリー

ドライブレコーダーで16時間録画!オウルテック OWL-DR04

ドライブレコーダーで16時間録画!オウルテック OWL-DR04

もう一年以上前に取り付けたドライブレコーダーですが、現在32Gのメモリーカードを取り付けております。

オウルテック OWL-DR04

関連記事:

オウルテック OWL-DR4-BK ドライブレコーダー(取り付け編)

説明書によると32GのマイクロSDカードメモリーで約240分の録画が可能とのこと。

一応、ネット上の情報では、パソコンでマイクロSDカードメモリーを特殊なフォーマットツールを使用すると128GByteのマイクロSDカードメモリーが使用可能との事だったので、以前からそのうちメモリーカードの交換を行おうと思っていました。

最近、128GByteのマイクロSDも価格が随分下がってきたので一枚購入してドライブレコーダーオウルテック(OWLTECH)OWL-DR04-BKでテストしてみました。

関連リンク:

オウルテック ディスプレイ搭載 ドライブレコーダーOwltech OWL-DR04-BK

 

128GのマイクロSDを入手

マイクロSDメモリカードは色々なメーカーから販売されていますが、規格さえクリアされていれば何処のメーカーでもほぼ同じかと思います。

自分は、価格控えめなTEAM製のCLASS10規格の128Gバイトを購入してみました。

購入したTEAM 128GマイクロSD

関連リンク:

Team microSD/SDHC/SDXCカード 国内正規 10年保証

Team製は保証期間が10年という製品に自信があるうたい文句が良いですね。

Term製メモリーは10年保証


実際10年後に128Gのメモリーを使える機器が残っているをは思えませんがね。(笑)

実際、SDメモリーカード、USBメモリー等のメモリーディバイスは読み書きを繰り返す事で内部のメモリーが劣化するので、実際に10年書き込み続けられるかはちょっと疑問ですけどね。

 

TEAM 128GマイクロSD


Team製マイクロSDカード
は、色々なバリエーションがあるようですが、自分が購入したのは、上記の写真の物です。

 

FAT32でフォーマットする

この手のマイクロSDカードを使用する機器の多くが、パソコンとのデータをやり取りするためにフォーマットの互換性を取るために採用しているのがFAT32フォーマットになります。

FAT32も規格自体が出た頃は、FAT32で扱えるデータ容量を超える日は相当先と思われていたと思いますが、とっくの昔にFAT32で扱える最大容量の32Gを越えてしまっています。

関連記事:

オウルテック OWL-DR04 ドライブレコーダーメモリ32Gの壁

そこで32GByteを越えるメモリーカードを使用するには特殊なフォーマットツールを使用することで、FAT32でフォーマットした128GのマイクロSDカードをドライブレコーダーに認識させるようにします。

本来、ドライブレコーダー側が正確にFAT32を超えるデータを扱えない作りになっていれば128Gのメモリーカードを認識すらしないはずですが、システム穴を突い使用することができます。

※128GのマイクロSDカードの使用の動作保証はありませんで、あくまでも自己の責任になりますのでご注意ください。

こちらのサイトから大容量のメモリー、ハードディスクをFAT32でフォーマットするツールをダウンロードします。

関連リンク:

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ

ダウンロード後、解凍してHDDFMT.exeを起動します。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ起動画面

起動したらフォーマットをしたいディバイスを選択します。

複数のドライブが接続されているパソコンで使用する場合は、ここで選択するドライブをよく確認してください。

 

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ フォーマット形式の設定


フォーマット形式をFAT32を選択し、パーキングエリア形式はMBRを選択して「次へ」をクリックします。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ フォーマット開始画面


表示される案内に従って上記の画面で実行をクリックしてフォーマットを開始します。

マイクロSDカードのフォーマット情報を確認


フォーマット完了後、一度パソコンからマイクロSDカードを抜き差しして、ドライブの情報を確認してみます。

FAT32で実際には116GBの空データ容量としてフォーマットされていました。

 

128Gバイトメモリを使用した動作テスト

ドライブレコーダーOWL-DR04-BKを自宅に持ち込み、128GのマイクロSDカードを挿入後、記録残量時間を確認してみました。

ドライブレコーダーOWL-DR04-BKの録画残量時間の確認

 

画面右上には、20:51:48と記載されているので、残り記録時間は約21時間となります。

実際には、32GByteで約240分とのことなので、ざっくり4倍で約960分なので、実際には16時間ぐらいになるかと思います。

流石に16時間も走行記録を必要とするケースは無いと思いますが、車を預けに出したときとかの内容なども記録されるので、色々な意味で長時間記録ができるのはメリットが高いかと思います。

自宅に持ち込んだドライブレコーダーをそのままUSB電源に繋いで半日程放置して録画テストを行ってみました。

ドライブレコーダーで128Bメモリーのテスト

半日程放置後、ドライブレコーダーOWL-DR04-BKから取り外したマイクロSDカードをPCで確認。

上記は、ドライブ情報で、約半分程正常に録画されていました。

ファイル数がかなりの量なので、すべて再生して動作確認した訳ではありませんが、問題なく動画をPC上で再生出来ました。

今回購入したTEAM製の128GByteマイクロSDカードはドライブレコーダーOWL-DR04-BKで正常に使える事を確認しました。

あくまでも、ドライブレコーダーOWL-DR04-BKのメーカーの動作対象保証はありませんので、ここで紹介している方法は自己の責任で参照してください。

 

以上、「ドライブレコーダーで16時間録画!オウルテック OWL-DR04」でした。


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加