エントリー

過走行車必須アイテム?!燃料添加剤FCR-062を使ってみました!

  • 2018/05/05 10:31

過走行車必須アイテム?!燃料添加剤FCR-062を使ってみました!

こちらでご紹介した車、バイクの油脂の添加剤で有名なAtoZさんから最近発売されたFCR-062を使用してみました。

AZ FCR-062 燃料添加剤 100ml ガソリン・ディーゼル用燃料系統の清浄、防錆

関連リンク:

AZ FCR-062 燃料添加剤 100ml ガソリン・ディーゼル用燃料系統の清浄、防錆

関連記事:

AtoZさんから発売された燃料添加剤FCR-062

 

FCR-062は300mlと後から追加された(?!)50ml容量などもあり、小容量で購入出来る点とガソリン燃料添加剤系としては値段が抑えられている部類になります。

容量が抑えられたのはバイク向けでしょうか?

この容量ならばタンクの小さいバイクでも使い切りできるので便利ですね。

FCR-062のホームページを見ても、残念ながら洗浄剤の主成分となるPEA(ポリエーテルアミン)の配合量の記載がありませんが、AtoZさんのFCR-062の説明書には、

(1セットから送料無料)
独自処方のPEAを主成分としたガソリン添加剤。少
量の添加で、効果抜群。

高濃度洗浄剤がエンジン内部(吸気系、燃焼室)に
蓄積されたデポジットを除去。
空燃比制御の乱れを正常化し、エンジンが持つ本
来の性能(効率的燃焼)を取り戻します。
用途:ガソリン・ディーゼル用燃料の清浄、防錆
特長:●吸気系(吸気弁、吸気インポート、インジ
ェクター)と燃焼室に蓄積されたデポジットの除去
●運動性能の向上と有害排ガス(炭化水素、CO、N
ox)の低減
●燃費改善
●燃料系統(燃料タンク、吸気系、燃焼室)の防錆
、腐食防止
成分:清浄剤、腐食防止剤

添加量(目安):自動車-30~60Lに約150ml、バイク
-5L毎に約15ml、2サイクル車-5L毎に約5ml

バイクなどの、タンク容量が30L未満に使用する場
合は0.25%以上添加しないで下さい。
走行距離が長い場合や、年数が経過している場合
、2~3回連続してご使用いただくことで、より効果
が増します。

とのこと。

正直、エンジンの中を簡単に見れるわけでは無いので、この手のガソリン燃料添加剤がどのくらいの効果があるのか?ということを実証できませんが、ワコーズ フューエルワン(Fuel One)などは具体的な動画で説明している点や自分自身で実際に使ってみて効果を感じた商品でもあります。

 

 

関連リンク:

ワコーズ F-1 フューエルワン 洗浄系燃料添加剤

関連記事:

ワコーズ フューエルワン(Fuel One)

 

その他、有名どころで、OEM供給もしていて、ガソリン添加剤で最強と言われるHKSのDDRなどもありますが、効果が高すぎるとの評判で自分は使うのを躊躇したりしています。^^;

 

 

関連リンク:

HKS DDR Direct Deposit Remover(ダイレクトデポジットリムーバー) 洗浄系燃料添加剤

 

ガソリン燃料添加剤を色々探してみると、PEAの原液みたいなものを売っていたりするんですね^^;

商品の説明書きを見ると「国内大手カーショップが車検整備用に認めた清浄性能!!」と記載もあるので、かなりしっかりとした製品なんだと思います。

 

 

この手のガソリン燃料添加剤はガソリン容量に対して「一本使い切り」というのが便利なので、この製品はちょっと手を出しにくいかもしれませんね。

 

関連リンク:

Turbulence(タービュランス)GA-01/Fuel Additive(燃料添加剤)/清浄剤(変性ポリエーテルアミン100%)/ガソリン車専用/150㎖ 2本入り

 

その点、AtoZさんの複数の容量展開は良心的なような気がします。

この手の添加剤は開封後酸化したら意味が無いので、早めに使い切る必要があるので1ボトル使い切りできる容量でバリエーション展開するのはガソリン燃料添加剤後発としてはマーケットリサーチをよくしているように思います。

 

AtoZ FCR-062 燃料添加剤のインプレッション

どのメーカーのガソリン添加剤を入れた状態入れて無い状態を比較すると、エンジンの状態が確実に違います。

どういう風に違う?って言われると表現が難しいんですが、エンジンからの振動のフィールが異なるという感じでしょうか?

燃焼状態が変わっているとうい証拠だと思います。

その他、自分の車はエンジンをかけているときは常にラムダセンサーの2本の値をモニターしているのですが、燃料添加剤を使用したときは、アイドリング時の短期間補正の値が若干リーンになっていると思います。

ラムダセンサーのモニター

(写真のLA1、LA2がラムダ(空燃比)の値、LA1 STとLS2 STがShort Trimの値。写真はプラス補正なので、リッチになってます。)

自分としてはエンジンからのフィール(体感)とラムダセンサーの状態(数値)で添加剤あり/なしを大体判別している前提で、今回のAtoZさんのFCR-062を入れたときに「他社と大きく変わるか?」という表現でのインプレッションになりますが、「いつものガソリン添加剤を入れたときと同じ」っといった感じでした。

他社と何か明らかに異なるというのは、あまりないかな?

先日、パンク修理の際にエネオスさんのエコフォースGエクストラに続けての使用でしたが、エコフォースGエクストラと比較しても特に大きく異なる感じはありませんでした。

 

関連記事:

パンク修理ToT

 

ガソリン燃料添加剤については、自分が初めてワコーズ フューエルワン(Fuel One)を使用したときが一番よく効果がわかりました。

明らかに違う(初回使用したとき、それだけ汚れていたという事ですね。)それ以後は特に劇的に何か違いを感じることはありません。

毎回、燃料添加剤を入れたガソリンほぼ使い切った後、しばらくエンジンの調子が良い、燃費が若干良いという感じになりますので、長く乗りたい方は、定期的にPEA(ポリエーテルアミン)配合のガソリン燃料添加剤は悪くないと思います。

 

AtoZ FCR-062 燃料添加剤 NGな点

これは他社製品では無い事でAtoZ FCR-062燃料添加剤のボトル展開における問題点で、300mlのボトル缶では関係ないと思いますが、自分が使用した100mlのボトルのみのかもしれませんが、蓋を開けた後、内部にアルミシールが貼られていて、このアルミシールが非常に剥がしにくいです。

 

AtoZ FCR-062 燃料添加剤で頂けない点

アルミシールのカスをつけたままガソリンタンクに注入しかねないので、AtoZ FCR-062 燃料添加剤でNGな点としてご報告しておきます。

有人ガソリンスタンドでガソリンを入れる前(必ずガソリンを入れる前が良いです。後から注入したガソリンによって燃料添加剤がタンク内部がかき回されるので。)に入れる際、このアルミシールが綺麗に剥がせなくて、てんぱってしまいました。^^;

アルミシールは、容器からの漏れ防止、FCR-062の酸化防止のためだと思いますが、メーカーさんにはもう少し考えてもらった方が良いかと思います。

 

ガソリン添加剤を使用する注意事項

特に注意することはありませんが、ガソリン添加剤はを使用することは、原理的に通常よりもエンジンオイルを汚すはずです。

なので、オイル交換を行う前付近で、ガソリン容量に合わせてガソリン添加剤を使用することをお勧めします。

 

以上、「過走行車必須アイテム?!燃料添加剤FCR-062を使ってみました!」でした。

追記:2018/10/06

ちょっとインジェクターが怪しい(あくまでも予想です。)ので、ここ最近繰り返し、エーゼットさんのFCR-062を使用しています。

関連リンク:

FCR-062 燃料添加剤 300ml ガソリン・ディーゼル用燃料系統の清浄


発売開始からしばらく時間が経過して、ネット上の色々なレビューを見ると、エーゼットさんのFCR-062はかなり評判が良いようです。

一説にはHKSさんのDDRと同等でコストパフォーマンスが良いとか?!

また、最近になってさらにコストパフォーマンスの良い、1L4Lがリリースされたようです。

関連リンク:

FCR-062 燃料添加剤 1L ガソリン・ディーゼル用燃料系統の清浄

FCR-062 燃料添加剤 4L ガソリン・ディーゼル用燃料系統の清浄

車の場合、満タン給油前にこちらの300mlを使用して様子を見て、調子が良くなるようでしたら、を購入すると良いかと思います。

しかし4Lはかなりリーズナブルな金額ですね。^^;

 


スポンサーリンク

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加