エントリー

鼻を黒くしました!BMW キドニーグリルの交換

鼻を黒くしました!BMW キドニーグリルの交換

今更ですが、BMWのシンボルでもあるキドニーグリルを黒に交換しました。

左右の窓枠は、14年前ぐらいに艶有の黒(E46M3)に交換してあるので、キドニーグリルも合わせて艶有の黒(グロス・ブラック)へ交換。

関連リンク:

キドニーグリル BMW 3シリーズ E46 クーペ 後期 02-04 グロスブラック

 

18年間で初めての交換です。

キドニーグリルの購入は、毎度のebayよりw

 

ebayで購入したキドニーグリル

毎度のこの怪しい、怪しい、黒というかグレーのビニール袋。

今回はそこそこの大きさな物なので過去最大のサイズとなりました(笑)

ちなみに、注文したのが2月7日、到着まで約1ヵ月と、今回は今までで一番時間がかかりました。

国際郵便、送料無料で、大陸から送られる場合は、船便である程度荷物量が溜まってから郵送されるそうなので、タイミングによっては3ヶ月ぐらいかかるケースもあるとか...。

ebayの到着予定は5月上旬と記載されていたので、1ヵ月で届いたのは、まあ良しとしましょう(笑)

IMG_0600.jpg

一応、到着してから商品の確認。

 

キドニーグリルの状態の確認

破損などはありませんでしたが、輸送中に付いたのか、ちょっと小傷が目立ちました。

 

コンパウンド

 

手持ちのコンパウンドを使ってキズ消しを行ってみました。

 

関連リンク:

99工房 コンパウンドトライアルセット 25gx3種

 

IMG_0608.jpg

 

艶有の黒なので、違いがまったくわかりませんね。

下が、未処理、上がコンパウンド処理済みです。

 

BMW E46 キドニーグリルの交換作業

元々ついているものは18年間使用続けており、さらに素材がABS樹脂。

取り外しのときに流石に爪とかが割れてしまうかなーっと思いつつも、よくよく確認するとすでに一部の爪は割れていたりしました。

他の方のブログなどでキドニーグリルの取り外しは爪を追って外すみたいな記載がありましたが、経年劣化で爪が折れてしまうのはしかたないとしても、キドニーグリルは2ピース構成になっているので、丁寧に分解すれば爪破損せずに取り外すことができます。

 

キドニーグリルの取り外し

 

まずは、キドニーグリルが2ピースになっている爪の部分をドライバーで軽く広げて少し浮かします。

2ピース構成のキドニーグリルを浮かせてずらす

 

こんな感じに枠側と内側のパーツを浮かせて、左右、下側の爪を外せば、キドニーグリルを斜めにして引き出せば簡単に外すことができます。

取り外したキドニーグリル


取り外したキドニーグリルです。

写真の通り、外しただけで爪数か所が破損しました。

完全な経年劣化ですね。

ボンネットのキドニーグリル溝を掃除

外したボンネット側の溝を綺麗に掃除しました。

この車のボンネットは、実はイモラレッドだったりします。(笑)

うっすら見えてるかな?

キドニーグリルの交換完了


同じように左側も交換。

左側は、パーツのバリなどがあり、若干加工してしっかりフィットするように調整しました。

一応、しっかりついているので落ちることはないと思いますけど。

キドニーグリルの交換完了

チタンシルバーのボディにグロスブラックのキドニーグリル。

コントラストがはっきりして締まった感じになって自分的にはかなり満足。

キドニーグリルの交換完了

以上、「鼻を黒くしました!BMW キドニーグリルの交換」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加