エントリー

また蛇腹が破けた!BMW E46センターコンソールの小物入れ修理

また破けた!E46センターコンソールの小物入れ修理

今年の5月(4か月前)に修理したセンターコンソールにある小物入れの蛇腹ですが、昨日、とぱっくりと裂けていました。

前回確認したのは2週間前だったんですけど、なんかいきなりぱっくりと。

関連記事:

BMW E46 センター コンソールの蛇腹蓋のその後

 

取り外して原因を調べてみると、以前修理した箇所以外の部分が3か所裂けていました。

センターコンソールの蛇腹が裂けた状態

 

写真を見て頂くとわかるかと思いますが、前回の修理の時は一切さけていなかつた部分(黒ゴム接着剤が付いていない部分)のみが裂けています。

 

関連記事:

リアコンソール トレイ(小物入れ)の蓋をDIYで修理しました

 

結局、黒ゴム接着剤によって補強された部分は、これまでに避けた箇所と同じように経年劣化で割れていってしまうようです。

 

センターコンソール蛇腹に黒ゴム接着剤を塗る

今回は、避けていない箇所、すべてに黒ゴム接着剤を塗り、爪楊枝で隙間に押し込む形で塗りました。

写真の面は蛇腹裏側なので、通常使用では見えない部分なおで、ビジュアル的に問題があっても気になりません。

 

黒ゴム接着剤を乾かした状態

 

半日置いて、乾燥させました。

黒ゴム接着剤の表面は、1時間もあれば乾燥してしまいますが、一応実用使用までには丸一日置いた方が良いでしょう。

 

蓋を元に戻し、組み立てた小物入れ

 

蓋を元に戻して、開閉テストして、まつたく問題ありません。

正直、若干蓋の開閉が渋い感じはありますが、これでもう避けることは無いかと思います。

以上、「また蛇腹が破けた!BMW E46センターコンソールの小物入れ修理」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加