エントリー

作成したエアークリーナーの遮熱板の部分修理を行いました。

こちらで作成したダイレクトエアークリーナーの下部方向の遮熱板ですが、

こちらで作成したカバーの塗装が張り付いてしまい、見栄えが悪いので、修理しました。

自作したFRP遮熱板

単純にカバー側の塗装が完全に乾ききっていなかったのか、カバー側のサーフェーサーが張りくっいてしまいました。

カバー側の乾燥時間が短かったのが原因と反省。(苦笑)

自作したFRP遮熱板

サンディングマシンーで削りとって、ピンホール部分はUVレジンで埋めて、再度、サーフェーサーと塗ってからマットブラックで塗装。

自作したFRP遮熱板装備

梅雨明けしていない東京はここのところ炎天下の日が続き、丸一日乾燥させて取り急ぎ装備。

自作したFRP遮熱板装備

このダイレクトエアークリーナーに対して下側の遮熱板のみで、ブーストをかけずに負圧内で高速道路を走行すると、外気温度との気温差が4℃になり、遮熱板がなかった頃と比べると1℃の差が出来ているので、しばらくこの状態で使用する予定です。

現在はこちらで作成したカバーも撤去しております。

ダイレクトエアークリーナーのカバーに関しては調整中です。

続く。

 

 

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加