エントリー

ダイレクト エアークリーナー カバー 作成(2)

前回の記事に続きます。

方眼ボール紙でモックアップを作成後、アルミテープチューンで使用したアルミテープをボール紙に貼り付けます。

作成したモックアップにeクイックシートを張り付ける

今回は、こちらの方法ではなく、eクイックシートの保護フィルムを剥がしアルミテープの上に貼り付けブラックライトを当てて、一枚一枚硬化させていきました。

作成したモックアップにeクイックシートを張り付ける

ハサミで切ってペタペタと貼り付けていきます。なるべく一枚で貼り付けるようにしていきますが、角の部分は補強を兼ねて2重にしてあります。

作成したモックアップにeクイックシートを張り付ける

最後に上面の一枚を4方向にのりしろ余白をつけて切り出し、貼り付けて、ブラックライトで硬化させました。eクイックシートは硬化後、重ね付けできるので、のりしろ部分をべたべた状態のeクイックシートを折り曲げて簡単に貼り付けることができます。

作成したモックアップにeクイックシートを張り付ける

結構な面積なので、eクイックシートを張る上で、所々、気泡が入ってしまいました。苦笑
強度を付けたいネジ穴部分や、角部分は、裏からeクイックシートを所々2重張りして強度を持たせました。

スプレーパテ塗装&研磨

eクイックシートはブラックライトを当てても、部分的にべたべた状態が残ってしまうため、圧付けパテなどで補修して、スプレーパテで塗装して研磨。モックアップがボール紙なので、本当に綺麗な面を出すことはできません。

スプレーパテ塗装&研磨

研磨を進めたところです。部分的に気泡もあるので、目立つ部分は、薄付けパテで修正&研磨を繰り返します。

サーフェーサー塗装&研磨

サーフェーサーを拭いたところです。番目が高い1000番ぐらいで水溶きします。

サーフェーサー塗装&研磨

一応、この状態で、手でねじることができる弾力性があります。カチカチだと割れてしまいますが、強化プラスチックのような感じの弾力性があるので、素材的にはとてもいい感じです。

続く。

 

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加