エントリー

AC Schnitzer E46 acs3 2.0スーパーチャージャー

自分の車にスーパーチャージャーを装備した頃、

以前、AC SchnitzerのE46 acs3 2.0 スーパーチャージャーコンプリートキットを装備していたオーナーだった方に、写真頂いたものが出てきたので掲載します。

車は前期型の320iです。

AC Schnitzer E46 acs3 2.0sc 320i

AC Schnitzer E46 acs3 2.0sc 320i

AC Schnitzer E46 acs3 2.0sc 320i

AC Schnitzer E46 acs3 2.0sc 320i

AC Schnitzer E46 acs3 2.0sc 320i

スペック的には、トルクを厚くするぐらいの加給圧(確か0.3K)が付くようになっていて、ミッションなどはノーマル状態でも耐える範囲になっており、乗りやすくなる感じでしょうか?
320エンジンの特性を生かしたスーパーチャージャーキットに仕上げてあるのがなんともAC Schnitzerと言った感じがします。

よくよく見てみると、パワステオイルタンクの移設を行い、結構大胆にノーマルのエアークリーナーボックス周辺のスペースを稼いで、スーパーチャージャーを押し込んでいる感じですね。

このオーナーの方は、世間がまだE46のM-Sportのエアロパーツで喜んでいるような時代にスーパーチャージャーキットを組んでいました。色々と手探りな部分が多かったと思います。

 

以下は、どこかで入手した画像ですが、上記のスーパーチャージャーキットを組んだエンジンのみだと思われます。

AC Schnitzer E46 acs3 2.0 エンジン

AC Schnitzer E46 acs3 2.0 エンジン

AC Schnitzer E46 acs3 2.0 エンジン

AC Schnitzer E46 acs3 2.0 エンジン

AC Schnitzer E46 acs3 2.0 エンジン

上記の写真がスーパーチャージャー本体になると思われますが、どこ製でしょうか?
あまり見たことがない形です。

しかし、さすがというか、ほぼ配管はカーボン仕上げ。エアークリーナーボックスもカーボン仕上げと、流石ですね。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加