エントリー

スタビライザー(BMW E46)

多くのBMW乗りの人は、足回りに手を入れたら交換している人が多いと思います。

自分の車もARC CLIMAX-Iと同時に発売された中空スタビライザー(クーペ装備車一号機だったりします。)に交換後、さらにAC Schnitzer製のスタビライザーに交換しているので、2度の交換を行っています。

BMW E46 スタビライザー交換

AC Schnitzer製に交換したときの写真が出てきたので掲載します。

BMW E46 スタビライザー交換

ARCのものと同じでパイプ(中空)スタビライザーで、ノーマルのスタビライザーよりも重量が軽くなっています。(ノーマルのスタビは相当重いです。)

またスタビライザーのパイプ径が既製品では、一番太いのかな?

BMW E46 スタビライザー交換

本当は、サスペンションに合わせてワンオフするのがよいのでしょうけどね。

スタビライザー一つで大きく乗り心地がかわります。そもそも沈んだサスペンションに対して、スタビライザーのねじれを利用して車体のロール量を制御するというものなので、足回りが決まったら最後に調整するパーツになると思いますけどね。

純正のスタビライザーからの交換は、軽量化も含めE46の場合劇的に状態がかわるので、スタビライザーの交換に関して色々な神話があるようです。(笑)

スタビライザーのワンオフができるところは、自分は一社しかしりませんが、まだあそこの会長さんの手曲げって作ってもらえるのかな?「●●マジック」と言われるぐらいのスタビライザーを作ってくれる会社がありましたけど。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加