エントリー

LED ゴースト点灯対策、その2(BMW E46 サイドウィンカー)

LED ゴースト点灯対策、その2(BMW E46 サイドウィンカー)

前回の記事に続きます。

昨日作成したゴースト対策回路を左右に取り付けて動作確認。

LEDゴースト点灯対策回路動作確認(左)

何とも間抜けな絵面ですが、左側に実際に使用しているT-10のLEDバルブを取り付けてハザード点灯、左点灯、ライトをオン/オフの状態で正常に点滅するか確認。

LEDゴースト点灯対策回路動作確認(右)

こちらは右側。

肝心のエンジンを切った直後2分間ぐらい続くLEDゴースト点灯しないか確認。

前回の回路で完璧です。

早速、仮組したコネクターを外し、実際の配線にかませます。

 

LEDゴースト点灯対策回路組み込み

BMW純正のハーネス新品を手配してもよかったのですが、配線を切断して、ライター半田ごてを使用して半田付け。収縮チューブ(ヒシチューブ)で絶縁を行いました。ボディの中なのでまず水にぬれることは無いと思いますけど。このウィンカーの高さで水没したら車が走れないので、その時は終わりですね。(苦笑)

 

BMW E46 フロントフェンダーサイドウィンカー点灯確認

再度、フェンダーサイドウィンカーの点滅動作確認を行って完了です!

ゴースト点灯のままでも2分ぐらいで消えるので、まあそれはそれでよいのかもしれませんが、自分は好きじゃないので今回の対策を行いました。

以上、「LED ゴースト点灯対策、その2(BMW E46 サイドウィンカー)」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加