エントリー

続・フロントガラスへの映り込み

こちらの記事で、フロントガラスへレーダー探知機の画面が映り込むのを防止するためのフードを作成しましたが、適当に作ったらやっぱり役に立ちませんでした。(笑)

レーダー探知機フード

フードは、3cmぐらいの奥行で作成したのですが、レーダー探知機の画面は116mmx61mmあるので、結局、このサイズのフードがないとガラスに映り込んでしまいます。

そこで、再度作り直すことにしました。まずは、プラバンの切り出し。

レーダー探知機フード

夏場、この素材で大丈夫なんだろうか?という疑問はありますが、まあとりあえず上記のようにプラバンの切り出し。久しぶり、って何年ぶり?もう約30年ぶりぐらいにひっぱりだしてきた雲形定規。(笑)こんなことで役に立つとは...。

レーダー探知機フード

垂直をだしつつ取り急ぎ、田宮セメントで仮接着。この田宮セメントも20年ぐらい前に購入したものだったりします。(物持ちいいな、俺)

プラリペア

仮組した角部分にプラリペで補強します。

プラリペア

あまり綺麗にできませんでしたが、補強という意味では大丈夫かな?

この後、マットブラックで塗装して、フードの天板になる部分のサイズに合わせてステッカーを作成して完成。

レーダー探知機フード

まあこんな感じに完成しました。

レーダー探知機フード

取り付けるとこんな感じです。フードは車本体のメーターフードに干渉しないようにし左右のサイズを変えてあります。(レーダー探知機の画面が汚い。)

レーダー探知機フード

社外からみるとこんな感じ。「なんでしょこれ?」って感じですね。(笑)

多分、これで大丈夫だと思いますが、また夜になったらテストしてみたいと思います。

(って、しっかり調べて作れよっという突っ込みは無しで。(笑))

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加