エントリー

車のその後...

7月14日にStudie横浜店に入庫してから、早2ヶ月越えて3ヶ月突入。

車検のために入庫して3ヶ月ってどうよ?みたいな雰囲気もありますが、

結局スーパーチャージャーユニットの手配だけで丸々2ヶ月半。

おまけに新品のスーパーチャージャーユニットはそのまま付かないことが判明したのが今週の月曜(9/29)日。

結局、これまで取り付けていたスーパーチャージャーユニットをばらして、新しいスーパーチャージャーユニットの中身に入れ替えるという神的なことをして、一応今週末、念願のスーパーチャージャーの修理が完了となる予定です。(予定は未定ということで..)

 

Rotrex スーパーチャージャー HKS改

 

この写真は、2006年の1月、ベム僧にスーパーチャージャーを取り付ける前、まだ箱入り状態のスーパーチャージャーユニットの写真。

なんだかんだで、当時日産のZなどにもキット化していたHKSのスーパーチャージャーはROTREX社製のもの加工してあったんですな〜。

本当に迷惑な話ですが、まあ治った?!ということでOKにしましょう。

しかし、20万キロオーバーのエンジンに一応中身新品のスーパーチャージャーユニット取り付けて大丈夫かしら。

E46のM52エンジンは初のアルミブロック化したエンジンですが、2.8リッターエンジンは相当なマージンがあったということですかね??

Mエンジンの開発やM54/3.0リッターエンジンへの開発ベースになったエンジンということで。w


ちなみに自分の車に付けているスーパーチャージャーユニットはベルト駆動式で軽量(でもない)コンパクトなため国産車向けには、こんな所でキット化されています。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加