エントリー

BMW E46 2020年2月のエアバックリコールのその後

BMW E46 2020年2月のエアバックリコールのその後

今年の2月にエアバックがリコール対象車両となり、既に装備していないエアーバックでもリコール確認を行ってもらうためにディーラへ18年ぶりに行ってきました。

IMG_9398.jpg

関連記事:

エアバックのリコールのため18年ぶりにBMW東京へ(BMW E46)

リコール(外-2974)対策直後、BMWのリコール対象車両検索で検索したところ以下のように車両ナンバーに対するリコールがあると表示されておりましたが、

リコール対策直後のリコール検索結果

関連記事:

BMW E46 2020年1月22日エアバックリコールの詳細

本日、再度車体番号を入力して確認してみると、

本日リコール検索した結果

リコール対策を行ったので、該当リコール無しと表示されるようになっていました。

色々な情報がネット上に溢れているので、エアバックのリコール=車検に通らないと思っている方が多いようですが、こちらをご覧いただくとわかるよに「タカタ製エアバッグのリコール対象で異常破裂する危険性が高い未改修車両については、平成30年5月より、車検で通さない特例措置を講じることにいたしましたので、早急に改修措置を受けてください。」

との事なので、タカタ製以外のエアバックリコールの場合は車検は通す事はできます。ですがエアバック装置からの危険が伴うので、早めにリコールを受けておいた方が良いでしょう。

関連リンク:

タカタ製エアバッグに関するお知らせ

 

ちなみに、BMWのリコールページにもタカタ製エアバックのリコールに関するリコール番号がまとめて掲載されています。

関連リンク:

タカタ製エアバッグのリコール等情報(BMW Japan)

 

まあ、何はともあれリコールの車体番号検索でリコールが表示されなくなったのは気分がいいな(笑)

以上、「BMW E46 2020年2月のエアバックリコールのその後」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加