エントリー

Rotrex スーパーチャージャーの仕様変更(C30&C38)

Rotrex スーパーチャージャーの仕様変更

先日、自分の車に装備しているスーパーチャージャーのメーカーであるRotrexの公式(?)のインスタグラムに、興味深い内容の記載を見つけました。

Rotrexの公式アカウントはこちら。(多分公式)

Rotrexasのインスタグラム

こちらの投稿内容の説明文に以下の記載を見つけました。

A major design change was introduced in 2016 as a direct response to customer feedback. The high-speed spindle shafts in our C30 and C38 range superchargers were redesigned and significantly strengthened to avoid spindle snapping under certain conditions.

以下、Googleの翻訳ですが、

2016年には、顧客からのフィードバックに対する直接的な対応として、大きな設計変更が導入されました。 C30およびC38シリーズのスーパーチャージャーの高速スピンドルシャフトは、特定の条件下でのスピンドルのスナップを避けるために再設計され、大幅に強化されました。

 

との事。ここで言っている顧客からのフィードバックとはJackson Racingかな?

2006年ぐらいにRotrex専用のオイルが日本国内では入手できずJackson Racingのオンラインショップで購入した覚えがあります。アメリカではRotrex社のスーパーチャージャーの専門店みたいな感じでしょうか?

 

で、本題ですがRotrex製のスーパーチャージャーのC30とC38タイプは2016年に再設計されて大幅に強化されたとの事です。

自分の装備したスーパーチャージャーは現在3個目で1個目はHKSさんから支給された2006年の物。

2個目は、2014年、このブログを書き始めた頃に交換。

関連記事:

スーパーチャージャー修理完了

そして3個目(現在装備中)のスーパーチャージャーはこちらで交換したものです。

関連記事:

Rotrecスーパーチャージャー交換

Rotrex社のスーパーチャージャーは、箱に製造年月日とシリアル番号が記載されているので、自分が装備されているスーパーチャージャーの製造年月を確認してみました。

2個目のスーパーチャージャーの製造年月日

こちらが2014年に交換した2個目のスーパーチャージャー。製造は2014年の8月になっています。

現在装備しているスーパーチャージャーの製造年月日

そしてこちらが現在装備しているスーパーチャージャーの製造年月。

2018年の5月製造になっています。

先のRotrex公式のインスタグラムの説明が正しければ現在装備されているスーパーチャージャーC30-94は、2018年製造なので再設計されたアップグレードされたスーパーチャージャーになります。

確かに、1個目と2個目のスーパーチャージャーはフィールが同じだったのですが、3個目のスーパーチャージャーは少しこれまでフィールが違う事が気になっていたのですが、このRotrex公式のインスタグラムの説明を読んで少し夏得しました。

正直、少しレスポンスが鈍くなったようにも感じますが、再設計されて強化されているなら良いですね。

特に公式のホームページにもアナウンスされていないようですが、コンプレッサー本体も改良されているようです。

以上、「Rotrex スーパーチャージャーの仕様変更」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加