エントリー

BMW E46 エアコンフィルターハウジングの洗浄

BMW E46 エアコンフィルターハウジングの洗浄

ブローバイガスセパレーターを洗浄した際に取り外したので、エアコンのフィルターハウジングを水洗い洗浄することにしました。

BMW E46 エアコンフィルターハウジング

雨水が流れ込むので意外と汚れてたりします。

ウォーター ドレン ホース バルブ

何度かこの部分を取り外して丸洗いしたことがあるんですが、フィルターハウジングの下にある雨水を流す部分の写真のこれ外れるんですね。

20年目にし始めて知りました。^^;

ウォーター ドレン ホース バルブ

図の7番、この部分の正式名称は「ウォーター ドレン ホース バルブ」というそうです。

パーツ互換を見ているとE46は全車種すべて共通で使われているようですね。

余談ですが、「ウォーター ドレン ホース バルブ」は

Phantom RR1
Phantom RR1 Series II
Phantom Drophead
Phantom Drophead Series II
Phantom Coupé
Phantom Coupé Series II

とも共通だったります。(笑)

意外な部分がロールスロイスと共通パーツだな(笑)

ウォーター ドレン ホース バルブを洗浄

マジックリンと使い古しの歯ブラシを使って磨くと綺麗になりました。

 

【まとめ買い】マジックリン ハンディスプレー 本体+付替え×2個

「ウォーター ドレン ホース バルブ」を元に戻した状態。

 綺麗になった「ウォーター ドレン ホース バルブ」

元々はこんなに綺麗だったのね。(苦笑)

「ウォーター ドレン ホース バルブ」の裏側

裏側です。

この部分はエアコンのマイクロフィルタが配置される場所なので、「ウォーター ドレン ホース バルブ」はエアコン臭に影響したりするんでしょうか?

「ウォーター ドレン ホース バルブ」の脱着ができることがわかったので、今後は定期的に掃除するようにしたいと思います。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加