エントリー

漏れを発見!スモークテストを行ったBMW E46の動画

スモークテストを行ったBMW E46の動画

車のトラブルシューティングでスモークテストというのがあります。

強者はたばこや葉巻でやったりもするようですが(爆)、基本的にオイルをしみこませたウエスなどを燃やした煙を作り、それを低圧のコンプレッサーで吸気経路に流し込み、煙が漏れている部分を発見するというのがスモークテストです。

原始的な方法ですが、かなり確実に発見できます。

ちょっと調べてみたところ、YoutubeにBMW E46のスモークテストを行った例が3例見つかったのでご紹介したいと思います。

 

 

動画のリンク先:

Bmw e46 smoke test

この動画はどこから煙を入れているのかわかりませんが、ブローバイガスを処理するCCVバルブ、オイルセパレーター付近から吸気経路のエア漏れしているのがわかります。

 

 

動画のリンク先:

E46 330i Smoke Test with Stinger Smoke Machine

 

この動画もどこから煙を入れているのかわかりませんが、漏れはスロットルバルブとアイドリングコントールバルブがつながるベローズホースが破けてモクモクと煙が出ています。

動画のベローズホースはかなり大きく裂けているようにも見えるので、スモークテストしなくてもわかりそうですが(笑)

自分も2003年、スーパーチャージャー装備前に一度ベローズホースに亀裂が入ってエア漏れをしたことがあります。

ちなみにその時のベローズホースの亀裂は、手で亀裂を開かないとわからない程度のものでした。

 

 

動画のリンク先:

DIY Smoke Machine For Vacuum or EVAP Leaks E46 P0171 P0174

 

この方は、当サイトではおなじみの人ですね。(笑)

E46のトラブルシューティングを積極的にYoutubeに掲載している方です。

この動画の前半では、DIYでスモークマシンの作り方を説明し、後半でスモークテストを行っています。

また、吸気経路に煙を入れる方法を紹介しています。

煙の混入は、ブレーキブースターとインテークマニホールドをつなげるホースを外して煙の混入し、漏れている箇所はDISAの根本の部分のOリンクの劣化が原因だと、エア漏れを突き止めています。

ここで3つ紹介したスモークテストの破損個所は、自分の経験から新車から5年~で一度は破損する部分ではないでしょうか?

特にベローズホースは破損個所が見つけにくいことがあります。

CCVはアイドリング不調になって初めて交換ですかね?

DISAのOリングは経年劣化と言ったところでしょうか?

以上、「漏れを発見!スモークテストを行ったBMW E46」でした。

 

追記:

もう少し簡単にスモークテストをしている動画を見つけました。

 

 

動画のリンク先:

BMW 04 325i sedan smoke test the cheap way

 

こちらの動画も、スモークテストの結果、DISAのOリングから漏れが発見されていますね。

DISAのOリングは漏れが多いんでしょうか?

エンジンは、M54エンジンです。

この方、たばこを使用してますね。(笑)

なんか見たことがるポンプを使用しているので、ヤフーショップを調べたらありました。

オイルチェンジャー 車用 手動式 オイルポンプ オイル抜き 工具

関連URL:

オイルチェンジャー 車用 手動式 オイルポンプ オイル抜き 工具

※ヤフーショップへのリンクなのでリンク切れになる恐れがあります。
上記のリンクはGoodsLandさんというショップで販売されていました。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加