エントリー

BMW E46 センター コンソールの蛇腹蓋のその後

  • 2017/09/14 14:41
  • カテゴリー:その他

センター コンソールの蛇腹のその後

このサイトへの検索流入「e46 リアコンソールトレイ」で、結構な数でアクセル履歴があるので、前回の修理経過後の状態を写真撮影してきました。

 

関連記事:

リアコンソール トレイ(小物入れ)の蓋をDIYで修理しました(BMW E46)

治ったよ!リアコンソール トレイをDIYで修理しました。(BMW E46)

 

センター コンソールの蛇腹蓋の現在の様子です。

BMW E46 センター コンソールの蛇腹蓋

修理方法に関しては、関連記事リンクをご覧ください。

この部分、夏場はかなり高熱になるのと、冬場が相当冷えます。

一度目に修理した際は、バスコークを使用したので冬場は寒さに耐えられず破けてしまいました。

2回目の修理では、黒ゴム接着剤を使用して4か月経過しましたが、蛇腹蓋の開閉に特に問題はありません。

 

BMW E46 センター コンソールの蛇腹蓋

繋ぎ部分の亀裂の傷は目立ちますがご覧の通りです。

 

この部分の名称はRトレイ(リアトレイ)?!

 

R シェルフ センター コンソール

このパーツは、上記の図の9番、10番になります。

9番は小物入れ、10番は灰皿ですね。

ETKによる名称は、9番は、Rトレイ、10番は、Rアッシュトレイアッシュトレイローラー付きだそうです。

このRはリアを意味するんだと思います。

 

以上、「BMW E46 センター コンソールの蛇腹蓋のその後」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加