エントリー

シャシダイ(シャーシダイナモ)計測

いままで一度も行ったことがなかったので、Motecの調整をかねてAVO Motec Japanさんでシャシダイ計測を行いつつ調整を行ってもらいまいた。

この記事を見た貴方、Motecを取り付けたくなること間違い無しです。

AVO Motec Japanには何度も行っているんですが、シャシダイのある第2ピットは初めて。まあ色々な意味でワクワクでしたね、この日は。うまれてからこれまでこれだけワクワクしたクリスマスは初めてだろうな〜w

実はこの日、もう一台シャシダイ計測したんですが、そちらの内容は割愛させてもらいます。w

まずは現地到着して準備風景。(タイヤのカスが結構凄い)

AVO Motec Japan 第二ピット

これがタイヤを乗っけるローラーですね。真ん中の柱が上下してタイヤがハマるという仕組みです。

久しぶりに写真とりまっくて来たので、写真列挙w

シャーシ台へ車をセット

タイヤがハマった状態です。

フロントタイヤはベルトで固定


フロントはホイールにベルトを付けて下に押さえ込む感じですね。
外れることはないのですが、跳ねることがあるわけですな。

パワー計測開始

Motecの調整をしつつ計測開始。高橋さんありがとね〜♩

排気ガス強制排出

排気ガス強制排出。これしないと窒息してしまいます。まあ全開にするわけですから当然ですな。

エンジン全開状態を目視

エンジン全開状態を黙視できるのはなんか新鮮でした。

防音のためシャッターを閉じて計測

計測中...。防音のため(?)シャッターを閉じています。w

ちなみに、Sタイヤ付いてる車はロードノイズが半端ないそうです。

で、気になる計測結果ですが、E46 328ciのノーマルスペックは193PS。現在、21万キロ走行して15年経過。8年前にスーパーチャージャー取り付けてすでに12万キロ走行の自分の車。
0.8kg/mmの加給圧なので、単純に1.8倍計算だと347.4PSぐらいでしょうけど、まあそこまで出した壊れてしまうのと、自分の車はレブ縛りしていて上250rpm+許容量の300rpm、計550回転を制限して6,250rpmにしているので、理論値よりも少し下ぐらいかな〜というのが予想。(クラッチもOSのシングルですべるしw)

トルクは、2800ccの1.8倍なので、5000ccクラスになるのかな?単純計算だと。

 

まずは調整前の状態の結果はこちら。

シャーシ台の結果グラフ

298PSでした。
まあこんなものでしょうと思いつつ、MotecでダブルVanos、燃料調整を繰り返し詰めていった結果、

シャーシ台結果グラフ最終

パワー343.5PS、トルク41.5kgmと40PSもアップ!

凄いですねーMotec。調整だけで40PSすぐに出てしまうんですから。w

また、本当にBMWのエンジンは凄いですね。

15年経過したエンジンでこれだけのパワーがでてしまうんですから。

ちなみにオーバーホールは一度も行っておりません。

自分が15年間守ってきたことは、

・定期的なオイル交換。(走行距離がいかなくても交換したことが何度かあります。)

・絶対に週1回は走る。(2週間以上エンジンをかけなかったことは、Motecを取り付けた時、スーパーチャージャーを取り付けた時、スーパーチャージャーが壊れた今年の夏の3回だけです。)

ちなみに、343PSってのは偶然にもE46M3カタログスペックと同じ数字ですね。w
(トルクは勝ってるけど、6速じゃないからトップスピードは遅いんだよ。w)

そんなわけで予想を上回る結果でした。

どうですか?Motec付けたくなったでしょ?w


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加