エントリー

ライトコントロールモジュール LMC 交換その5(BMW E46 )

前回の記事の続きです。

まあ、色々と大変でしたが、一応走行できるまでにはLCMのコーディングが進みました。

ヘインズ BMW E46サービスマニュアル

今回は、ヘインズのBMW 3Series E46マニュアルが大変役に立ちました。

2002~3年ぐらいに大枚叩いて購入しました。一時期、PDFのコピー版が出回っていましたが、このページ数をPDFで見るのはかなり厳しいような気もします。(現物は、昔の電話帳ぐらいの厚さがあります。)

で、LCMの交換、コーディングでの残っている問題点

1.フロントフェンダーサイドウィンカーのLEDT-10アンバーライトがゴースト表示されてしまう。

2.メーターパネルのバックライトがライトオフ時はオフになったままで、LMCのライト調光がライトを点灯しないと聞かない。

 

の2点です。

1.のゴーストライト点灯は、鍵を開けた直後から点灯し、鍵を閉めて2分ぐらい後に消灯します。

ネットで検索したら、E46 で同じような方(放置してましたけど。)がいましたので、LCMと使用しているLEDによってはゴースト点灯してしまうケースがあるようです。

BMW E46 サイドウィンカー ゴースト点灯

上記の写真は、わかりにくのですが、薄っすら点灯している状態です。夜だと明らかに点灯しているのがわかります。

これは、コーディングの問題じゃなくて、LCMのハード的な問題だと思います。交換前のLCMでは、このゴースト点灯がありませんでしたので。

後々、自力で対処したいと思ってます。

2のメーターパネルの調光ができない問題ですが、交換前のLCMでは常にメータパネルのLEDの調光ができたのですが、現在は、ライト点灯後からでないと調光ができません。

どのパラメーターなのかよくわかりませんが、これは間違いなくコーディングの問題かと思います。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加