エントリー

物が届いた!PA SoftのBMW Scanner

さかのぼること2週間。

BMW SCANNER 1.4

やっと物が届きました。(笑)

もちろん日本国内でこんなもの取り扱いがありませんので、paypal支払いのebayで購入しました。paypalは対応が凄いんですねー。初めて登録してみましたが、日本語でのメールサポート、並びに実務時間中に質問メールを送ると、登録した番号に電話までかけてきてくれる海外サービスというのに驚きでした。

ebayには多くのBMW関係の物が出ておりますが、海外ということでなかなかハードルが高いイメージでしたが、paypalの登録さえ乗り越えれば、かなり気軽に利用できる物だと改めて知りました。

BMW SCANNER 1.4

購入したものは、PA SoftのBMW Scanner 1.4です。^o^v

BMW SCANNER 1.4

これでやっとLCMの取り付けが進みます。

このPA SoftのBMW Scannerは、1.4系と2.0系の二種類があり、自分の時代の車は1.4系となります。

BMWのコーディングツールEdiabas&INPAでは設定できない部分を設定することが出来るツールです。

ここから先は、なんのこっちゃ?な話です。

BMWの旧コーディングツールSSS Progmanは、基本的に新品ユニットのコーディングしか行えないようです。ただし、モジュールによっては、新品でないモジュールもコーディングできるようです。(すなわち中古品でも一部のユニットはProgmanで再コーディング可能です。自分は過去にエアコンスイッチモジュールを再コーディングしてもらったことがあります。)

SSS Progmanはディーラー向けなので、新品のユニットのみ対応というのは、当然なのでしょう。

そこで、先日入手したライトコントロールモジュール(LCM)に車体番号と走行距離を書き込むために今回このBMW Scannerを入手しました。

ちなみに、ebayにはピンキリな価格でBMW Scannerが販売されています。

高額なのは、1万円~。

ちなみに自分が購入したのは、日本円で1880円(送料込み)のものです。(笑)

また、色々な国からの出店があるため、ほんとに動くのか?購入して大丈夫なのか?という不安がありますが、自分は一番近い国?!香港から出店されていて、さらに販売実績数が多い出展者から購入しました。

購入1日後、ebayには意味不明な数字11桁のトラッキングナンバー(どこの会社かも不明)が表示されるだで、いったいどこにあるのかがわからないまま。

到着予定日4日前ぐらにebayを見ると、輸送経路が更新されていて、その中から情報を探ってやっとトラッキングナンバーの問い合わせ先がわかり、毎日見ていたのですが、一向に更新されず、到着予定日(4/6~4/26と超アバウト)を迎え、いつくるのかな~っと思いつつ4/6の夕方、ポストに入ってました。

まあ、ここまでは何とか順調なのですが、肝心のLMCのコーディングが簡単にはいきそうにありません。(思わぬトラップ?!)

現在、作戦苦闘中。

続く...。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加