エントリー

BMW E46 エアーバック・着座センサーキャンセラー

ステアリング交換によるエアーバックキャンセラー、および助手席の着座センサーの破損対策用にの回路の自分用メモです。

 

 1.ステアリング部分のエアーバックキャンセラー 

 

BMW E46 エアーバックキャンセラー

ステアリング交換を行う場合、ボスに付属している場合が大半なのであえて必要としないと思いますが、一応記載しておきます。

3Ωの1/4w抵抗、(写真は1/6Wぐらいですかね?)と2Aのヒューズ、直列繋ぎ構成できます。

上記の写真は、先日MOMOステアリングに交換したときにエアーバックキャンセラーとして付属していたものです。

3Ωの抵抗ですが、本来、エアーバックと同等にするならば相当なワット数が必要となるわけですが、DMEからのエアーバックの断線チェックに対策には、上記のようなワット数の抵抗でOKで、放熱対策などは必要ありません。

エアバックが動作したときは、エアーバックを開くための大電流が流れ、抵抗が焼ける前にヒューズが飛んで、DMEからみるとエアーバックが破裂したときと同等の状態となります。

E46のエアーバックは、自分の車初期型の前期モデルは、シングルエアーバックモジュール、その後ダブルエアーバックに変更されましたので、シングルの場合は、上記1回路、デュアルエアーバックの場合は、上記の2回路が必要となります。(回路といってもヒューズと抵抗だけです。)

前期型のステアリングを後期型(丸型エアーバック、通称、目玉)に接続する場合、エアーバックの1回路のみに接続すれば、丸型エアーバックに2つのエアーバックユニットが入っているので片方だけが動作するようになります。前期型にE46M3のパドルステアリングを丸型エアーバック込で交換する場合などはこの方法で交換できます。(前期型のE46の場合、パドルステアリングの配線はコンタクトスリップリングの交換も必要になります。)

ダブルエアーバックは、(デュアルエアーバックではありません。)2つのエアーバックを時間差で開いて、衝撃を吸収し、安全性の向上につながるという仕組みです。

ちなみにデュアルエアーバックとは、運転席と助手席の2つにあるエアーバックシステムを意味します。

 

 2.助手席着座センサー 

 

BMW E46 助手席ダミー着座センサー

BMW E46(E36、E39も同じだと思われます。)の助手席側のエアーバックは、助手席に人が乗っているときのみに開くように設計されています。

助手席に人が乗っている状態を判定するのに、助手席のシートの下には、着座センサーなるものが付いています。

着座センサーは、経年劣化によってセンサー自身の断線、またコネクター部分の接触不良などにより、エアーバック警告灯が点灯する場合があります。

年式によって異なるようですが、着座センサーは修理すれば、リセットツールを使わずして、エアーバック警告灯が消える場合もあるようです。

抵抗は、50kΩぐらいならば何でもOKです。

整流用ダイオードは、1AもあればなんでもOKです。

抵抗のワット数ですが、13.8V(バッテリー電圧)で、toKΩぐらいで入手しやすい抵抗値、51KΩで計算すると0.0037Wとなりますので1/4W抵抗で十分です。

配線には極性があるので注意してください。(ダイオードの向きだけです。)

注意事項としては、この着座センサーによって、常に人が乗っている状態になるので、万が一エアーバックが開くような事態になった場合、助手席に人がいなくても、助手席側のエアーバックが全部開いてしまいます。

 

 その他エアーバックに関して 

 

今では当たり前のエアーバックですが、エアーバックシステムが導入されたばかりの頃はトラブルだらけでした。

聞いた話ですが、Z3の初期モデルなどは、ちょっと段差が激しい踏切を超えるだけで、エラーバックが誤動作して開いてしまったそうです。

また、タカタのエアーバック問題が巷を騒がしたニュースとなったので、ご存じの方もおられると思いますが、万が一エアーバックが開いたとしても、決して安全ではありません。

E46全盛時代、首都高速走行中、落下物に諸突してエアーバックが開いた方がいました。

フロントリップを破損する程度の衝撃だったそうですが、当たり所が悪かったのか、すべてのエアーバックが開きました。

(その車の助手席はRECARO装備だったので、着座センサーキャンセラーでした。)


事故の翌日、その方にお会いしたとき、見るも無残な姿。

腕、顔は、青あざだらけ。

エアーバックに殴られたような状態でした。

良くコメディー映画でエアーバックが開くようなシーンがありますが、あれとはちょっと違うようです。(笑)

その他、このときのエアーバックの修理金額が、結構高額になったと聞いてます。(4か所のエアーバック交換で30万ぐらいかかったと聞きました。)

 

昔の誤作動するようなエアーバック時代を知っている人の多くは、エアーバックが恐怖症の人が多く、エアーバックを外したいという方も多いかったです。

タカタのエアーバック問題はちょっと話が別ですが、エアーバックは事故時には人の命を保護する役割を果たしますが、今では少なくなった誤動作時は単なるパンチングマシンって感じでしょうか?

以上、ご参考までに。

また、ここで掲載された内容の参照は、すべて自己の責任の範囲でお願いします。回路図を参考にしたトラブルに関しては一切の責任は、参考にした方の責任となります。

 

 

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加