エントリー

Motec カラーディスプレイロガー

Facebookで、AVO JapanさんのタイムラインでBOBちんのブログが紹介されていました。

BMW Studie

http://lineblog.me/studiebob/archives/9259756.html

MotecのC1シリーズのC1212をCANバス経由で取り付けたみたいですね。

Motecのカラーディスプレイについては、こちら

ディスプレイクリエイターというソフトを使って、メーターのグラフィックデザインを自由自在にできるというものです。

まあ間違いなく、映画とかの車に使われるでしょうね。笑

ディスプレイクリエイターを使った、デザインコンテストなんてのも、やっているみたいです。(オーストラリア本国だけではなく、全世界からエントリーしているみたいです。)

自分もカラーディスプレイシリーズのDシリーズの発売当初(初期のカラーディスプレイ)、現在つけているMDD(ミニ・ダッシュ・ディスプレイ)のカラー版が出たのかと思ったのでAVOさんに聞いてみた処、MotecのM100系のCANバスとは互換性がないので、ポン付はできないというがっかりな返事でした。

Motec社もM100系はほぼ終わりにしたいと思っているんでしょうかね。

互換性持てばかなり売れたと思うけど...。

車のCANバス経由のデータ情報で表示するならば、そんなに配線周りは大変じゃないのかな?

自動車メーカーによって方言はあるんだろけど、どうなんでしょうかね?

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加