エントリー

ProStaffのGLASIASでガラスコーティング!

大晦日、洗車して部分的にワックスなどしたんですけど、

17年経過しているボディは、部分的にかなり傷んでおります。

洗車&コーティングは、年に一度ぐらいしか行わなくなったのが原因なのか

ちょっとくすみも部分的に出てきたので、

本腰入れてガラスコーティングしてみました。

購入したのは、Pro StaffさんのGLASIAS

Pro staff GLASIAS

洗車して、GLASIASのスプレーを専用クロスで塗り込むだけという手軽差。

固形ワックスとかの方がいいのかなーなんて思いつつも、

くすみがあってもまだボディのクリア層は生きているので、

最近流行り?!のガラスコーティングというものをやってみました。

もう少し頻繁に洗車&ボディコーティングしていれば、くすみなんて気にならない状態を維持できたのかもしれませんが、2003年に取り付けたフロントフェンダー&ボンネット周りを集中的にコーティング。

BMW E46 フロントフェンダー

まあ、気にならないぐらいにまでは回復したような、しないような。笑

BMW E46 フロント

 

青空駐車で丸17年。

よく見ないとわからないような塗装劣化は多々ありますが、一応維持できています。

いつも写真の加工が面倒なので、ナンバープレートが写るアングルの写真は載せないのですが、今回は珍しくフロントショットです。笑

 

BMW E46 リアウィング

 

昨年、某板金屋で再塗装したリアウィング。

ホコリがクリア層に乗っているとか、素人みたいな塗装技術しかない板金屋さんでしたが、まあ細かいところ見なければOKな感じです。

BMW E46 フロント

この車のドアは、新車購入からずーっと使い続けています。笑

塗装劣化はどこにも見られません。後からつけたフロントフェンダーの方が熱焼けしたような感じになっている部分があったりします。

自分の車は納車後、半年間は一切洗車せずに塗装乾燥期間として乗り続けてきたのが、かったのか、ドイツで塗装されたドアが17年経過しても使い続けられる理由でしょうかね。

BMW E46 ルーフレール

昨年、DIYで塗装したルーフモール。

12年ぐらい前に購入したSoft99のチタンシルバーの缶スプレーでの塗装のため、色が合っていませんが、まあこの部分は気にならないかな。


BMW E46 フロントフェンダー

まあ、そこそこ満足のいく仕上がりになりました。

Pro staffさん(本社が近所だったりする笑)のGLASIASは1ヵ月以内に繰り返し施工すると効果が上がるらしいので、

近々にまた行ってみたいと思います。

しかし、今日は寒かったなー。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加