エントリー

HID、キセノンバルブ、8000Kへの交換(BMW E46)

車検から戻ってきたにもかかわらず、ライト警告灯が付いたり消えたりするので、いつものCCFL(冷陰極管)イカリングの電源レギュレーターかな〜なんて思っていたんですけど、CCFLイカリングの電源レギュレーターは見た目問題なさそうな感じ。

現在の電源レギュレーターは容量も大きくなったので長く使っていると電源レギュレーターがパンパンに腫れたような状態になるのと、まあその前にCCFLイカリングがチカチカするのでCCFLイカリングの故障ならすぐにわかりますね。

もしかしてキセノンバルブが寿命かな〜なんて思い(心当たりあり)、本日、DIYでライト周りの配線のなおしとバルブ交換を行いました。

通常のE46ならばバルブ交換はそんなに大変じゃないのかな?

隙間から手探りで行うのは同じかな。

自分の車はエアクリーナーボックスはないですけど、スーパーチャージャー関連でちょっと簡単じゃないです。

以下の写真のように色々とバラさないと交換できません。

キセノンバルブ交換


写真を見るとノーマルなE46と異なる所ばかりなのですが、ライトの光軸調整ダイヤルもエアクリーナーに干渉するので、ダイヤル部分を削りとってあります。^o^;

自分の車は納車時の1999年、当時ではまだ少なかった純正キセノンライトを装備していましたが、正直当時は4300Kの35Wで本当に暗く、夜の高速は怖かったです。

すぐにPhilipsから6000Kのバルブが出たので交換したのを覚えてます。

当時はバルブだけで60,000円でしたよ、60,000円!(今じゃ信じられない金額だわ)

その後、大体4〜5年間ぐらいの寿命サイクルで2回の交換で半額ぐらいになり、さすがに安くなったな〜なんて思っていたんですが、前回(2011年)に交換したときはネットで購入して、6000k/35wのキセノンバルブがが6000円で金額を見てびっくりした覚えがあります。

なにせ、1/10の金額ですからね...。

しかし、今回、更にびっくり!

代引送料込みで1500円を切るバルブに交換しました。w

ちなみにこちらのバルブ

レビューみても「この値段なら...」みたいな内容が多いですけど、正直本当に大丈夫?って思いつつも発注。w

6000Kをお願いしたら在庫がないとのことで8000Kにしてみました。

55wじゃないとさすがに暗いかな〜?なんて思ってますが、夜、走ってまたレビューしてみます。

しかし、国産車もキセノン標準になったので需要も増えてキセノンバルブの値段が本当に下がりましたね。

今回バルブが切れた訳じゃなかったのですが、有名なメーカー製品と比較しても寿命も殆ど変わりませんね。

キセノンバルブの寿命はやはりバラスト次第なんですかね??

バルブ交換に伴い、スモールライトの配線からCCFLイカリング電源レギュレーターへの配線を全部やり直しました。

年経劣化による配線の接触不良が原因でどうもライト警告灯が点灯しているみたいなので。

取り合えず、ライト配線まわりを自分なりに完璧にしました。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加