エントリー

アンダーカバーの清掃(BMW E46)

アンダーカバーの清掃(BMW E46)

先日ウォーターバルブ交換時に漏れたクーラントを受けるためにタオルを敷いておいたのですが、床に少しクーラントが垂れた跡があったのでアンダーカバーを外して確認する事にしました。

BALのピットスタンドでジャッキアップ

アンダーカバーは6本のネジで止まっていますが奥の2本は車を上げないと外せませんので、まずはジャッキアップ。アストロプロダクトのラダーに車を乗せるのも面倒なので、サイド前側のジャッキアップポイントにジャッキをかけてラダーを入れて少し車高を上げて、更にシャーシーフロント前中央側のジャッキアップポイントにジャッキをかけてから車高が低い車御用達のBALのピットスタンドをサイド前側のジャッキアップポイントにかけるという毎度のものぐさなジャッキアップ。

シャーシーフロント中央のジャッキアップポイントでジャッキアップ

この方法はノーマル車高で左右からサイド前側にジャッキが入れば、4回のジャッキアップ簡単にジャッキアップで馬をかけられます。

アンダーカバーのクーラントが漏れた跡

取り外したアンダーカバーは案の定クーラントが濡れた跡がありました。ウォーターバルブ交換時に敷いていたタオルはそんなに濡れなかつのですが、思ったよりも沢山こぼしてしまったようです。

洗浄したアンダーカバー

一応、綺麗に洗浄。アンダーカバー亀裂が入ってしまったので5年ぐらい前に交換したのでまだかなり綺麗です。

以上、「アンダーカバーの清掃(BMW E46)」でした。

 

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加