エントリー

オートエアコンユニット(IHKA)変更 (BMW E46)

オートエアコンユニット(IHKA)変更 (BMW E46)

7年ぐらい前にも一度交換したことがありますがヤフオクで後期モデルの新しいオートエアコンユニット(以下、IHKA)を入手してコーディングしてみることにしました。

自分の車は前期モデルでE46クーペで日本に一番初めに入ってきた車両のため色々な装備が古く、特にエアコンに関しては有害物検知センサー(以下、AUCセンサー)とソーラーセンサー等が装備されておりません。(一応レトロフィットキットは存在します。)

7年前に交換したIHKAはAUCセンサー対応の物でしたがコーディングを行う事でAUCセンサーによる動作をキャンセル出来たのでそれより更に新しいIHKAならば「同じ事が出来るはず?」っと思い、ヤフオクに出ているIHKAでバージョンがわかるものを片っ端に調べて、多分、E46のIHKAの最終版はバージョン19かと思われます。(もっと新しいバージョンがあるかもしれません。)

バージョン19を入手しようかと思ったのですが、価格が半額ぐらいでバージョン18があったので、そちらを落札。

落札したBMW E46 IHKA

上記が落札したIHKAです。従来のIHKAよりボタンの配置が新しい..。

IHKAのファンが埃だらけ

本体の室内温度センサーに空気を流すためのファンが埃だらけだったので取り急ぎバラしてみました。

ちなみにどのバージョンのIHKAでも内部にファンがついております。かなり緩やかに回転しているのでここにファンがある事を知らない人もいるかと思いますが、車内の空気を吸い込みIHKA内部の温度センサーに空気を当てて温度を計測しています。(なのでIHKAのこの部分は定期的に清掃が必要です。)

IHKA内部の温度センサーも埃まみれ

IHKA内部の基盤についている温度センサーも埃まみれです。

IHKAの温度センサー表側はかなり埃まみれ

IHKA基盤表側、温度センサー部分はかなり埃がこびりついていました。

IHKAのファンは酷い状態

IHKAの空気を吸い込むファンは酷い状態でした。

IHKAの埃を吹き飛ばした

エアコンプレッサーのブロアで埃をすべて吹き飛ばしました。

IHKAの比較

既存のIHKAのコーディング情報をNCS-Expertで吸い上げた後に取り外し、後期モデルとの比較。後期モデルはボタンの配置が変更され奥行きが少しコンパクトになっています。

既存のIHKAのバージョン情報

ちなみに上記が7年前に交換したIHKA。2001年の49週目に作成されソフトウェアバージョンは7です。AUC対応(ボタン切り替えのLEDが付いている)ですが、コーディングでAUC機能をオフにしてあります。

ヤフオクで入手したIHKAのバージョン情報

そして今回購入したIHKA。2004年3月10日作成でソフトウェアバージョンは18です。製造日の表記方法がかわったようですね...。

これまで使用してきたIHKAの重量

重量を計測してみました。これまで使用してきたIHKAは358gでした。

ヤフオクで入手したIHKAの重量

ヤフオクで入手したIHKAの重量は283gでした。75g軽量化されていました。(笑)

新しいIHKAをとりあえず装備

清掃後、取り合えず一度装備して新しいIHKAのコーディング情報をNSC-Expretで吸い上げます。

NSC Dummyによるコーディング情報の比較

吸い上げてコーディング情報をNSC Dummyで読ませてコーディング内容を1つ1つ確認して新しいIHKAへ設定していきます。 NSC Dummy上のバージョン情報はこれまでのIHKAがC16で新しいIHKAはC17で、コーディング情報に関しては大きな違いはありませんでした。カーメモリー・キーメモリのコーディング情報が一部違いがあったぐらいでした。

新しいIHKAでエアコンの動作確認

IHKAを再コーディングして動作確認を行いました。特に問題なさそうです。

INPAでバージョン情報や動作状況を調べます。

INPAでIHKAのバージョン情報の確認

INPAでIHKAの製造情報を確認

ここを見ると製造年/週で表示されており、新しいIHKAは2004年の11週に作られたようですね。(笑)

INPAでIHKAのアナログセンサーの値を表示

華氏表記ですが、一応正常に動作しているようですが、

IHKAのAUCセンサーエラー

エラー消去してもエラーが残ってしまいます。AUCセンサーのエラーです。AUCセンサーはもともと装備されていないのでコーディングでAUCの動作をオフにしたのですが、新しいIHKAではエラーとして残ってしまうようです。

E46はいつかのタイミングでAUCセンサーが標準装備になったという事ですかね?一応、AUCセンサーとソーラーセンサーのレトロフィットキットは存在するのですが、今さら装備するのもな...。

新しいIHKAはそのまま使えるとは思いますが、とりあえず元のIHKAに戻して後日対策方法を考えます。

以上、「オートエアコンユニット(IHKA)変更 (BMW E46)」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加