エントリー

E46M3 エンジンフードグリルの白化を修理

E46M3 ボンネットグリルの白化を修理

私の車はE46 328ciはボディはE46 M3になっています。ボンネット(エンジンフード)のウィンドウオッシャーの噴射部分のグリルの部分が数年前から白化してきており「そのうち何とかしよう」と思いつつ長年放置してきましたが、今回ボンネットグリルを取り外して白化対策、および破損部分の修理を行いました。

 取り外したボンネットグリル

いきなりですが、上記の写真はボンネットからグリルを外した状態。取り外しは左右のウィンドウウォッシャー噴出し口の電磁バルブのハーネスとウィンドウオッシャータンクに繋がるホースが電磁弁に刺さっているので抜き、あとはボンネットに爪でグリルが固定されているので、爪を丁寧に外していくだけで簡単に取り外しが行えます。
取り外しの注意点としては経年劣化でプラ樹脂パーツが弱くなっているので破損しないようにする必要があります。実際ボンネットグリルの爪の1つは経年劣化で完全に破損していたので今回修理も行います。

ボンネットグリルの白化の状態

ボンネットグリル、黒樹脂パーツの白化の状態ですが、太陽光の下でこんな感じです。

水洗いしたボンネットグリル

この状態でバケツに水をためて歯ブラシ等で砂ぼこりを洗い落としました。E46M3のボンネットを装備したのは2004年なので、実に17年ぶりの初脱着になります。

ボンネットグリルの破損した爪の部分

上記は破損した爪の状態です。いつ破損したのかは定かではありませんが、結構前から破損していたと思います。破損した部分はどこにも見当たりません。ボンネットグリルの爪は複数あるので1つぐらいならボンネットグリルが外れることはありませんが、今回この部分はプラリペアで再製したいと思います。

型取りくんでパーツ形状を取る

まずは、お湯で熱した型取りくんで原形をとどめている他の爪の方を取ります。

関連リンク:プラリペア 型取りくん



破損個所に型取りくんをはめる

型取りくんが十分冷えたら取り外して破損した部分にははめ込みます。幸いにも同形状(多分)だったので綺麗にはまりました。

プラリペア
関連リンク:

プラリペア ブラック PL16B



続いてプラリペアの黒を使って型取り君の破損個所を修復していきました。

プラリペアで破損した爪を再生

上記はプラリペアで再製後、裏側からJB-Weldで補強して、やすりを使用して成型・加工した後の写真です。元通りとはいきませんが、ボンネットグリルを抑える爪の役割は果たせそうです。

JB-Weld

関連リンク:J-Bウエルド オートウェルド 超強力接着剤 AW-20Z



破損した爪の再製。JB-Weldで補強

爪の裏側(上記の写真の部分)は厚みがあってもボンネットグリルの取り付けに影響はありませんので、補強の意味でJB-Weldを少し持って厚みをつけてあります。

Holtsの未塗装樹脂パーツコーディング

ボンネットグリルの白化対策にはHoltsの無塗装樹脂パーツコーティング剤を使用しました。

関連リンク:無塗装樹脂パーツコーティング剤 ケイ素コーディング



シリコンオフを使用してボンネットグリルを脱脂

コーティングを行う前にシリコンオフを使用して丁寧に脱脂しました。穴があるので完全に吹き上げるのがなかなか大変。毛羽立たないウエスを使用して1つ1つ丁寧にシリコンオフを吹き上げました。
関連リンク: 99工房 シリコンオフ



未塗装樹脂パーツコーティング後のボンネットグリル

無塗装樹脂パーツコーティング後の状態です。白化した部分がかなり黒くなり、新品とはいかないものの綺麗になりました。

シリコンルブスプレーでボンネットグリルを保護・艶出し

無塗装樹脂パーツコーティング剤が十分乾いたら今度はシリコンルブスプレーでボンネットグリル全体をコーティングしました。無塗装樹脂パーツコーティング剤だけでもOKかと思いますが、シリコンルブスプレーで素材の保護、艶出しを行いました。(シリコンルブスプレーだけでもOKかと思いますが、無塗装樹脂パーツコーティング剤を施工した方が長く白化を防げるかと思います。)

関連リンク:シリコンルブスプレー



ウィンドウオッシャーノズルを元に戻す

ウィンドウオッシャーノズルを元に戻すと白化状態の比較ができますね。もともとの素材が異なるので同じ色というわけにはいきませんが、色の違いがよくわかるかと思います。

ボンネットグリルのノズル部分をシリコンルブスプレーで保護

ノズル部分はシリコンルブスプレーだけで白化対策しました。

IMG_6776.jpg

ボンネット側のボンネットグリルの部分がかなり泥(砂ぼこり)が溜まっていたので綺麗にしました。

ボンネットグリルを取り付ける部分を綺麗にした

ボンネットグリルを外しての洗車など行ったことがありませんので17年ぶりですね。(笑)

ボンネットグリルをもとに戻す

ボンネットグリルを元に戻しました。一応再製した爪は大丈夫そうです。

再製したボンネットグリルの爪の部分

再製した爪の部分です。ボンネットグリルを裏側からマットブラックで塗装してもよかったのですが、破損した部分がわかるようにそのままにしておきました。一応、再製した爪がボンネット側にひっかかっているようです。

白化対策を行ったボンネットグリル

白化対策前の写真を撮り忘れたので比較が出来ませんが、かなり綺麗になりました。

白化対策を行ったボンネットグリル1

白化対策を行ったボンネットグリル2

白化対策を行った違う角度からのボンネットグリルの状態です。

E46M3のボンネットグリルパーツ自体はまだ入手可能なので、交換してもよかったのですが、今回は白化対策と破損修理をDIYで行ってみました。

以上、「E46M3 エンジンフードグリルの白化を修理」でした。


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加