エントリー

アップグレードしたDISAの取り付け(BMW E46)

アップグレードしたDISAの取り付け(BMW E46)

こちらの記事でフラップ交換を行ったDIASの取り付けを行いました。

関連記事:

M52TUB/M54Bエンジンで欠陥とされるDISAをアップグレード

DISAが経年劣化で破損したときに大ダメージを受ける事はなくなり、過給機をつけたエンジンでも安全なDISAとなりました。

DISAの比較

手前が取り外したDISA、奥が今回アップグレードしたフラップ交換済みのDISAです。手前のDISAはOEM製品ですが、フラップ交換を行ったDISAは車購入時から使用していた純正DISAとなります。OEM製品と純正品、よーく見れば細部で若干の違いはありますが、特にOEM製品だからといって支障はありませんでした。

ブローバイのオイル成分が付着したDISA

それより、なにより、取り外したDIASのインマニ内部のフラップ部分がオイルまみれ。ちょうどこの部分はかすかな隙間があり、インマニ内部を吸気が行き来するのでブローバイのオイル成分が非常に付着しやすい部分です。(CCV使用のM52TUB/M54Bエンジンの場合はこの付近は汚れる程度でオイルの付着はほとんどありません。)

ブローバイのオイルがべったり付着したDISA

上記の写真の部分にはしたたり落ちるぐらいのオイルが付着しています。

オイルキャッチタンクとこちらの記事で取り付けたCCVのブローバイセパレーターを経由させていますがご覧の有様。

関連記事:
ブローバイガスセパレーター部分を復活

オイルキャッチタンク2個作戦でオイルがほぼ付着しなくなってくれると良いのですが、まったく付着しないってわけにはいかないかな?

何かブローバイ専用の目詰まりしないようなフィルターとかがあれば良いんですけどね。

DIASをインストール

フラップを交換したDISAに入れ替えました。こちらの記事で動作負圧をかけてDISAの動作確認を行いましたが、インマニに取り付け後、実際にフラップが動作しているか確認してみました。

DISAの動作状態確認

DISAがオフ、フラップ全開状態

上記はエンジンオフの状態。DISAは動作しておりませんので全開状態でフラップ制御のシャフトの位置は上記の状態です。

DISAが動作してフラップが全閉

そして上記がエンジンをかけてアイドリング中の状態。DISAが通電され、インマニ内部の負圧でフラップが全閉した状態となりフラップ制御のシャフトが上記の位置に動いている事が確認出来ます。

DISAが故障したわけでは無いので、交換してもフィールが変わるわけではありませんがDISAによるトラブルは皆無となりました。

以上、「アップグレードしたDISAの取り付け(BMW E46)」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加