エントリー

サスペンションキットについて思う事

サスペンションキットについて思う事

これまで自分の車で純正含めて4セットのサスペンションキットを装備してきました。

BMW E46フロントサスペンション

3~4年以上、1つのメーカーのサスペンションキットを使い続け、ショックアブソーバをオーバーホールに繰り返し出したりしてきた経験上のサスペンションキットについて思う事を書いてみたいと思います。

 

純正サスペンションから交換に至った理由

今の車で、純正サスペンションからアフターマーケットのサスペンションの交換に至った理由は、すごくはっきりと覚えています。

きっかけは、BMW純正の18インチホイール、ダブルスポーク コンポジット 71( F:8J R:8.5J )、ホイールと抱き合わせで販売されていたタイヤ、ダンロップSP9000で首都高速5号線を走行していた時、結構なバンプ(都内の首都高速を走ったことがある人はわかると思いますが、首都高は場所によって、高速道路とは思えない程ひどい段差、つなぎ目があったりします。)を越えた直後、ハンドブレーキのノッチがかかる程跳ね上がったことがあります。

バンプを越えたらいきなりパーキングブレーキ警告音。

高速道路走行中にパーキングブレーキ警告音が鳴るなんて想像すらしなかったので、はじめ何の警告音なのかわからず、少しパニックしたことをよく覚えてます。

当初は、Mスポーツなどのバネレートが若干調整されたグレードも無い頃の話になりますが、純正ノーマルサスペンション+BMW純正の18インチホイール+タイヤでは、まともに高速道路すら走れない状態でした。(苦笑)

正直言えば、BMW純正品は、まったく日本の道路事情に合っていないということですね。

当時はE46のサスペンションキットはあまり種類も豊富でない時代でしたが、このパーキングブレーキ警告音事件の頃、丁度、国産メーカーのarcさんから、スタビライザー付きのキットが販売されるということで、E46クーペ一号機として装備して頂きました。

サスペンション交換するだけで車の挙動がガラリとかわるので、純正ノーマルサスペンションからアフターマーケットのサスペンションキットを装備すると、誰でも一度は感動するものです。(笑)

arcさんのE46用のサスペンションキットはスタビライザー込だったこともあり、非常に車の特性がかわり高速道路での走りやすさが劇的に変わり大喜びしたのをよく覚えています。

その後、ブレーキキャリパーの交換や19インチホイールの装備に合わせて、ワンオフサスペンションにバネレートを色々と交換して、街乗りのみですが、それなりにサスペンションの調整を繰り返したりしてきました。

これまでアフターマーケットのサスペンションキットを3つ程経験した上ので話ですが、圧倒的に純正サスペンションと比較するとショックアブソーバーの寿命がどれも短いです。

1つ目のarc製のE46のサスペンションは、ショックアブソーバーからのオイル漏れが2年経たずに発生し(構造的な問題だと思います。)後に装備した3D Designブランドで販売した初期のE46ワンオフサスペンションキット(現在販売されているサスペンションキットとは異なるものです。)、および現在装備しているQuantam Racing サスペンションのショックアブソーバーの状態は2~3万キロぐらいしか維持できず、期間でいうと約2年ぐらいでしょうか?

自分の経験則からですが、高価なサスペンション程、精度が高い、ショックアブソーバーのリンダー容量が大きいなどの理由から寿命が短く、よいサスペンションの良い状態を維持する期間は短いと思います。

基本的に値段に比例しますが、有名どころショックアブソーバーはオーバーホール可能となっているので、ある程度の期間、および走行距離でメンテナンスをするという前提で作られていると思います。

購入した車に、高価なサスペンションキットが組まれていて、メンテナンス記録が不明な場合、どのぐらいショックアブソーバが使われてきたは判断ができないと思いますので一度オーバーホールを行い、ショックアブソーバの良い状態を知るのも良いかと思います。

 

サスペンションキット=車高が低い?!

サスペンションキット=車高が低くなる、っというようなイメージの方も多いかと思います。

車高調整式のサスペンションキットでなくてもE46の場合は、どんなサスペンションキットでも若干車高が落ちるような仕様になっているようですからね。(笑)

自分は、現在もそうですが、車高に関してはかなり高めだったりします。

現在装備しているサスペンションは、Quantamベースで車両合わせて作成して頂きましたが、その際、サスペンションが正常にストロークするような高さに調整して頂き、3回のオーバーホール後もその状態を維持しております。

サーキット走行などの限られた条件の中なら別ですが、街乗り重視だとあまり車高を落としすぎるというもの問題があるような気がします。

車高が低い=乗り心地が悪い、っという話はあながち間違ってはいないと思います。(笑)

以上、「サスペンションキットについて思う事」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加