エントリー

クスコ オイルキャッチタンクゲージホース交換

先日破損させてしまった、クスコオイルキャッチタンクのゲージ。

ブローバイガスで汚れてどこまで溜まっているのかまったく見えない状態。

破損したクスコオイルキャッチタンクのゲージ

 

そもそもこのゲージからオイルを抜く方法がわからないまま破損してしまい(いつもゲージのねじを緩めて溜まったブローバイを排出してました。)先日東急ハンズのエアツールコーナーで見つけたエルボユニオンという物を2つ購入して、(※以下の写真はその袋です。クスコのオイルキャッチタンクをご利用でゲージのホースを交換したい方はこれを参考にしてみてください。修理詳細はこちらをご覧ください。)

エルボユニオンR1/8

東急ハンズで販売されていた6mmの透明ホースを接続して万事OKっと思っていたんですが、接続した6mmのホースが耐熱が殆どなく、おまけに耐油かわからない。

走行しながら何度か状態を確認したけど、熱でかなりフニャフニャ感があったので、少なくても先日購入したブローバイホースと同じ耐熱温度ぐらいで、しかも耐油な6mmのホースをどこかで入手しなければ..っとネットを捜したんですが、1m単位ではなかなか売っていませんでした。

一応、耐油で60℃までOKな6mmの透明なホースを発見したのでネットで購入し本日交換しました。

ジュンロンUH 軟質ポリウレタンチューブ 5m 潤工社 UH 30-06 6X4 透明

さすがに前回の6mmホースよりも硬く、クスコオイルキャッチタンクにはじめからついていたホースにかなり近い感じです。

購入したホースは、「ジュンロンUH 軟質ポリウレタンチューブ 5m 潤工社 UH 30-06 6X4 透明5m」で、5m単位の販売でした(ヤフーショップのモノタロウで購入)。

まあ、ブローバイガスがたまったら定期的にホース交換ですね。

もし同じような状況でクスコのオイルキャッチタンクのゲージを修理したいと思っている方で、ホースを別けてほしいという方がおられましたらご連絡ください。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加