エントリー

BMW E46 パワステホース交換

年末には、エンジンオイル漏れを起こしましたが、今度はパワステオイル漏れ。

パワステのオイル漏れは意外な所で発見しました。

発見した場所はこれ。

IMG_6633.JPG

自分の駐車場でした。(俺の駐車場、汚いな〜。エンジンの下あたりの汚れはブローバイガスだと思うけど。)

見た目かなり漏れているのと、先日交換した燃料ライン&フィルタ付近だったので、はじめはガソリン?!っと思ったんですが、漏れた箇所を手で触ってみるとサラサラなオイルだったのでトランスミッションかな〜?っと思いつつStuide さんで調べてもらったらパワステホールからのオイル漏れでした。

よくよく考えてみればパワステホースの交換、はじめてだったりしますので。w

俺の車は15年経っているけど以外な場所の交換をしていないことが多いです。w

今回は、エンジンマウントミッションマウントの交換を含めて交換作業でした。

エンジンマウントミッションマウントE46(というかBMWすべての車種?)では定期交換部品なので、様子をみて交換するようにしています。特にエンジンのパワー上げたチューンドカーは、良くも悪くもこの辺の交換は宿命ですね。チューンドカーのメンテナンスは正直楽じゃないですし、まあチューンするには覚悟が必要ってことですね。
サスペンションだけでも社外品付ければ純正サスペンションよりもライフサイクル(ショックの内部のガスやオイル)は短くなるのでそれなりにオーバーホールが必要ですからね。足回りだけじゃなく、エンジン、ミッション、コンピューターまで手をだすと本当に色々と気を使います。

今回のエンジンマウントミッションマウントの交換理由は....

実は、年末に行ったシャシダイ計測のとき、実は最後まで踏み込めなかったんです。ブルって踏み込めなかったんですよねー。本当はクラッチもすべっているし。w

まあ、実際消耗品部分の交換を行えばシャシダイで計測した343PS以上は出せるんですけど、まあそこまでご老体にムチ打ってもね。w

そういえばミッションマウント交換しても1速の入りあまりよくないな。

話がそれましたが今回の作業で先日取り付けたMotecの燃圧センサーのアダプタ付近でのガソリンにじみがあったので、アダプタの交換も行ってもらいました。ここはまたしばらしてから様子見かな〜。


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加