エントリー

BMW E46のドアブレーキ段数を2段から3段へ交換(2001年頃)

交換直後の写真が出てきたのでご紹介。

ドアブレーキ?って言ってピンとこない人が多いと思います。

BMW E46のドアブレーキは、初期型のみ2段(すなわちドアを開くときに2回止まる)、2001年〜より3段になっています。

セダンの人は気にならないかしれませんが、クーペの人は2段と3段は大違いなんです。

2ドアのクーペはドアがセダンよりもドアが重いので、当時3段式のドアブレーキになったことを知り、すぐに交換してもらいました。

 

BMW E46 ドアブレーキ

 

交換した記録を調べたら2001年、BMW東京・品川工場で作業してました。(担当営業の栗原さんはまだいるかな?)

交換からすでに16年経過してますが特に不具合なしです。

E46は、前期型と後期型で色々と細かな点で変更が多かったですね。

E46 325iが出た当初はM54エンジンなのに、センターマフラーがシングルだった車両もあったり、当時のBMWは、結構、細かな点で変更こっそりやってたりしましたね。笑

以上、「ドアブレーキ段数を2段から3段へ交換」でした。


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加